ぶらりASAO

ARTICLE PAGE

黄と赤

2013_紅葉4

 1本の木を境目にして、赤色と黄色が分けられている。

 樹木が違うのだから色味も違うのは当然なんだが、そんなこともあるんだなぁと眺めながら思っていた。

 木を区切り線代わりとして、使ってしまった。

 2013.11.24 浄慶寺

0 Comments

Leave a comment