ぶらりASAO

ARTICLE PAGE

HDR機能

2013_鶴見川

 最近、カメラについているHDRという機能が、とても面白いことに気がついた。
 その名前はメーカーごとに違っているようだが、いろいろなカメラに付いていると思う。

要は、ハイライト部が飛ばないようにして撮影した画像とシャドー部が潰れないようにして撮影した画像を組み合わせて、シャドー部からハイライト部まで、きれいに見せようという機能のことである。

これを一眼レフでやろうとすると三脚を立てて画面がズレないようにして、といろいろと注意書きがあるので、今まで使わなかった。

気がつけば、持っているコンデジにも搭載されているようで、試しに使ってみると意外に面白い。

白黒プリントの暗室作業したことがある方ならばピンと判ると思いますが、画面の中で、覆い焼きと焼き込みをやってトーンを揃えてくれるようなものである。
 それもカラーでカメラが自動でやってくれる。言うなれば、カメラマンの安楽仕様ともいえる機能である。

ケースによっては、便利そのもの。
まぁ、こちらの意図と違う時があるのは、ご愛敬かもしれない。なにせ、カメラお任せ仕様ですし…。

この写真も、空のトーンと川に落ちる陰の部分に使われているようだ。
従来の露光で撮るとあとの画像処理でどうにか・こうにかと手間暇かかる作業をするしかなかった。

コンデジも便利になったなぁ…。
ちなみに使っているカメラはカシオのZR100という機種。コンデジの世界では既に古めになるようだ。

カメラバックを下げての散歩もよいけれど、ベルトポーチにカメラを入れても手ぶらの散歩も身軽でよいものである。

 2013.9.16 町田市三輪町

0 Comments

Leave a comment