ぶらりASAO

ARTICLE PAGE

つくし

つくし

 つくしん坊。

 つくしを漢字で書くと「土筆」。

 よくぴったりの字を当てたなと感心してしまう。


 小さい頃は、春の温かい日によく摘んだものだ。
 この袴の部分を取るのは、母と祖母がやってくれて、甘く辛く煮てちょっとしたおかずになった。

 野で摘むのは楽しいが、この袴をとる作業は、小さくてめんどくさかった。
 子どもだったもので、すぐに飽きてしまうのは仕方がなかったかもしれない。 

 あんなに一杯に採ってきたのに出て来るのは、ほんのわずかな量になってしまう。
 それが不思議だった。

 今では、もう珍味の世界になってしまうかもしれない。

 そういえばもう少したつと、田んぼの際に生えるノビロを昔は、よく採っている人がいた。
 
 そういう人を見かけなくなったなと一瞬思ったが、その肝心のノビロが生える環境が無くなってしまった。

 2013.3.14 麻生区上麻生

0 Comments

Leave a comment