ぶらりASAO

ARTICLE PAGE

2013年 浄慶寺の紅梅3

  • CATEGORY
  • COMMENT0
  • TRACKBACK0
2013年 浄慶寺の紅梅3

 広角気味で撮るとどうしてもまばらになってしまう梅の花。

 またこの恐ろしくレトロな描写は、どうだろうか。なんとも言えないものがある。


 1960年代製のレンズが最新のデジカメに装着でき、しかも自動絞りと絞りオートで使えるというのは凄いことである。
 さすがはニコンと褒めてあげたい。

 過去をすっぱりと切り捨てていくのも一つのあり方かもしれない。
 でも、こういった互換性を保っていくこだわりが素晴らしいと思う。

 このレンズは Auto Nikkor 35mm F2.8。
 初期タイプなので、当然モノコートものである。

 こういった描画を求めていくとその先は、当然ロシアンレンズだろう。
 やはりロシアンレンズで撮るようになったのは、なるべくしてなったのかもしれない。

 2013.2.28 浄慶寺裏山

0 Comments

Leave a comment