ぶらりASAO

ARTICLE PAGE

やしろ

やしろ

 風は真冬のように冷たかったが、日差しに強さが感じられた。
 春は、そこまで来ていると実感する。

 普段は車で通り過ぎる道を歩いてみた。
 宅地化された一角の遠くの方に小さな社(やしろ)が見える。

 周りは、コンクリートの壁に囲まれている一角。後ろ側の壁の上にはマンションが建っている。

 このあたりの最後ともいえる里山の一角が、宅地化されたのは比較的最近のこと。
 丘の中腹にあったであろう社の位置がこの付近だったのだろうか。

 近くに寄ってみたい気もしたが、なんとなくそのままにしたい気分だったので、傍に行かなかった。
 なので、何を祭った社なのかは、わからない。

 2011.3.26 町田市能ヶ谷町

0 Comments

Leave a comment