ぶらりASAO

ARTICLE PAGE

植物が支配する島 2

猿島04
 カンボジアのタプロム寺院よりは、破壊がおとなしいようなイメージで書いたが、植物は植物だ。
 それでも確実に遺構の破壊は進行している。
 
 猿島の場合、完全な管理下に置かれているので、重要な場所の植物は撤去されているが、それ以外の場所は、そのままの状態に置かれている。

猿島03

 多分、こうやって少しずつ、自然に戻っていくのだろう。

 煉瓦づくりの部分は、明治の遺構だ。煉瓦積み方法もイギリス式とフランス式とがあるそうだ。それが、この島には両方ともある。
 イギリス式は日本各地に残っているが、フランス式は全国4箇所でだけだという。

 明治期の情熱というか、諸国に負けないにという焦り。そんなが伝わってくるような気がしてくる。

 2009.10.10 横須賀市 猿島

0 Comments

Leave a comment