ぶらりASAO

ARTICLE PAGE

「楽園へのあゆみ」もどき

「楽園へのあゆみ」もどき
 アメリカの有名な写真家のひとりに故ユージン・スミス氏がいる。

 1978年に亡くなっているので、知らない方も多いでしょうか。
 彼の代表作品のひとつに日本で撮った「日立」や「水俣」がある。

 彼は、第2次世界大戦に従軍カメラマンとして加わり、多くの作品を残した。また戦後1946年に自分の2人子ども(と言われている)を半シルエットにして「楽園へのあゆみ」という作品を発表している。

 初めてそれを見たときの衝撃は忘れられない。単純だけれど、そのイメージは強烈だった。
 それ以来、そんなシーンがあれば真似して撮ってみたいと思っていた。

 それの足下にもおよばないけれど、なんとなくそれらしい雰囲気が撮れた(と思う)。

 本当は、左側のお父さんが木陰から外れたところでシャッターを切りたかったが、後続の人がきてそれはならなかった。写真は難しい。

2008.8.11 町田市三輪

  *  *  *  *

 今、京都の国立近代美術館で没30周年の写真をやっている。(9月7日まで)

 http://www.momak.go.jp/Japanese/exhibitionArchive/2008/367.html

 夏休みにちょっと行ってみたい。そんな気になった。

0 Comments

Leave a comment