ぶらりASAO

ARTICLE PAGE

2017_妙福寺2

2017_妙福寺2

妙福寺は明徳2年(1391)に日蓮宗日億上人に開かれたと寺の由緒書きにある。
この本堂は、江戸時代に再建されたという古いものらしい。

本堂に対して参道が斜めになっている。

2017_妙福寺3

なんで? である。

普通は本堂に対して、鉛直(直角)に引かれているものだが…。

参道に対してきちんと建っている鐘楼門は1746年、山門は1857年に作られたという。

本堂正面から直角近くを見ると脇道が走っている。
おそらく、この道が元々の参道だったのだろう。

建てられた当初の本堂は、庵みたいな小さなものだったのかもしれない。
それが時代を経ることで段々と大きくなっていったが、本堂の敷地は昔のままで再建されていった。

のちに鐘楼門を整備する時に従来の道にではなく新規に作ったが、本堂とは鉛直にならず斜めになってしまった。

そんな風にも読み取れる。

さて、実際にはどうだったのだろうか。興味のあるところです。

2017.3.4 町田市三輪町

0 Comments

Leave a comment