ぶらりASAO

ARTICLE PAGE

だるま市の屋台1

 ここからは、だるま市で見かけた屋台シリーズです。

 区割りが決まっているので、例年同じ屋台が同じ場所に出てきます。

 それでもその看板が微妙に変わったりして…。

 子供達にとっては、お参りよりも、こちらの方がメインでしょう。

 でも、この混みようですから、撮りようもないのもあります。

だるま市4

 あさお通りから入って、暫くするとお休み処があります。

 お昼近くだったので、そこそこ人が入っています。

だるま市5
 

 最近は明朗会計ですから、店頭の値段が書いてあります。

 屋台・出店を含めて、1コインの500円がひとつの相場のようですが、ものによっては高く感じることもあります。

 また鯛焼きなどは120~130円。

だるま市6

 このお休み処では、おでん、煮込みなどにまじって鮎の塩焼きがありました。

 この時期に鮎ねぇ。
 季節感無いなぁ。

 じゃ、代わりに何があるというと、鰯の丸焼きじゃ単価が取れないし、まして秋刀魚でもないし、じゃ鰺か。

 川魚ならば、虹鱒か、岩魚か。

 う~~~ん。

 そう言えば、屋台でジャンボ焼き鳥はあったが、ここでは焼き鳥は見かけなかった。

 あれは小さくて手間ばかりがかかるからナ。

 2017.1.28 麻生不動参道
 
 
 焼く魚によっては大量の煙がでるから、排煙設備のない場所ではムリですし、それを除くと、やはり魚種は限られてきますね。

 この鮎焼きのおじさんに聞いたら、ここにあるので200匹。

 さすがにオーダーが溜まってきているらしく、この写真の後にドライヤーで風を送って火力を強くしていました。

0 Comments

Leave a comment