ぶらりASAO

ARCHIVE PAGE

archive: 2016年04月  1/1

新緑の中の十三塔

 ついこの間まで、もえぎ色だったのにと思わず言いたくなるほど、緑色の進化は早い。 紅葉の時もよいが、こうして新緑も、またオツなものである。 紅葉は燃えるような赤色で終わるが、新緑はこれからが本番。 この時期、人間は 春眠暁を覚えず という位に気温が過ごしやすくなり、寒くて縮こまっていた身体がリラックスするそうだ。 最近の天気予報は、そんな事まで教えてくれる。 2016.4.25 浄慶寺...

  •  0
  •  0

山里風光景

新緑の美しい時期です。パアーと萌えるような緑と藤の花、そして・・・。これならば、ちょっと里山の中に入った気にもなる。が、ここは浄慶寺の駐車場の先。この藤の花の奥が本堂と庭園になる。なんか最近こんなのばかり撮っている気がするは気のせいか。 2016.4.25 浄慶寺...

  •  0
  •  0

足裏お地蔵さん

 木々が茂ってくると、木漏れ日が楽しくなる。 スポッライト効果とでも呼びたいような気がしてくる。 新緑も若々しい印象を与えてくれる。 2016.4.20 浄慶寺...

  •  0
  •  0

ハナミズキ

 新緑の中にあって、燃えるように赤色が目立った。 バックの緑は、ソメイヨシノの若葉。 つい先日まで、満開で咲いていたと思ったら、もう新緑の季節へと移り変わっていた。 2016.4.20 麻生区上麻生...

  •  2
  •  0

ハナダイコンと菜の花

 電車に乗り、いくつかの駅を越えた。 出かけた先は、それこそ大昔は、川崎のチベットと呼ばれていた黒川地区。 半世紀ぐらい前は本当に何もなくて、ただ里山の風景が広がっている場所だった。 それが今じゃ、小田急多摩線黒川駅と京王相模原線若葉台駅もあり、大きなショッピングビルも建っていて住んでいる場所よりも開発が進んでいる。 そうは言っても、それを一歩外れると、まだ里山の風景が見られるのが黒川らしいところ...

  •  0
  •  0

深山の味わい風、桜

 この辺りは丘陵地帯。 そこに残っている自然の緑は、屏風のように片側しか残っていないところも多い。 深山幽谷とまではいかないが、ちょっとした里山風に撮れる。 2016.4.6 麻生区上麻生...

  •  0
  •  0

2016 新緑に桜花

 桜が開花してから天気が悪い日が続いていた。 もう散り桜なるかという頃になって、やっと晴天に。 桜花が足踏みをしている間に、緑が一段と濃さを増してきたように感じる。 こんな年もあるのだなぁ…。  2016.4.6 麻生区上麻生 環境センター...

  •  2
  •  0