ぶらりASAO

ARCHIVE PAGE

archive: 2014年03月  1/1

タチツボスミレと水仙

 この小さく淡い紫色の可憐な花が、タチツボスミレ。 これも春の風物詩。原種らしく、その辺に普通の雑草如く咲いている。 あまりに地表近くなので撮るのに一苦労する。 バリアングル式のカメラとしっかりとしたマクロレンズがないとねぇ、上手に撮れません。 こちらは再履修が必要ですね。 2014.3.29 浄慶寺 裏山...

  •  0
  •  0

2014菜の花まつりポスター

終わってしまってから撮るのもなんだよなぁと思いつつも、終わってしまっても来年への記録と1枚。3月22・23日じゃ、満足に咲いていたのかなぁと思ってしまった。そりゃ暖かければ、いいけれどねぇ。2014.3.28 小田原市 富水...

  •  0
  •  0

桃花

 鴨を撮った場所から、少し離れたところにあった桃の木。 行きに見た時は、さほどでもなかったが、帰りがけに見たらそこそこ開花していた。 本格的な開花は、もう少し後なるだろう。 でも、折角だからとパチリ。 2014.3.28 小田原市富水...

  •  0
  •  0

2014_桜咲く 2

本当に暖かくなりましたねと、最近とみに交わされるようになった3月下旬。浄慶寺の桜もいよいよ本番の開花です。秋葉神社横の桜の蕾は、大きく膨らみ、あと1~2日でしっかりと咲き始めることでしょう。柿生駅~新百合ヶ丘への麻生川の桜も、ポチポチと開花しています。ぼんぼりもつり下げられて、お花見の準備万端になっています。こちらの方は、来週半ば頃が見頃となりそうな塩梅でした。2014.3.29 浄慶寺...

  •  0
  •  0

かも

 時間を作って、ちょっと小田原方面へカメラを持ってお出かけしてきました。 このあたりの川は本当に水がきれいです。普段見慣れた麻生川を比べるのもナンではありますが、水量があって羨ましいです。 まぁ、麻生川にも鴨はいますが土手が高くて、見下げるようなアングルばかり。 土手が低いくて撮りやすかったのですが、万が一の時は大丈夫なんでしょうか? 変な心配をしてしまいました。 2014.3.28 小田原市富水...

  •  0
  •  0

水仙と

ここ数年、この場所に決まった花が指定席のように植えられていた。少々その取り合わせに飽きてきたのか、今年は水仙がひょっこりと咲いていた。そう言えば、去年も常連の花は居なかったような気がする(大汗)。1年が、あっという間に過ぎていく。なんか昔の2~3年の時間が、最近はたった1年で過ぎていくような気分になってくる。同じ時間のハズなのにね。なんででしょ。2014.3.26 浄慶寺...

  •  0
  •  0

ひょこっと

暖かい日が続いたので、花たちが咲き出している。そして羅漢さんも心なしか、嬉しそうにしているように見えてくるのが不思議。撮っていたら横からひっこり顔を出した、いたずら好きの羅漢さんもいそうな感じがしました。2014.3.26 浄慶寺...

  •  0
  •  0

2014_桜咲く

あれから1週間以上経ってしまったので、どうなっているかと浄慶寺へ。入り口の桜は、もう満開です。参拝者は来ないので、ヒヨドリが群がって絶賛吸密中! ざっと20羽ぐらいはいたでしょうか。これを見ると、やっと春なんだなぁと感じます。天気がイマイチなのは仕方ありません。また今夜は雨とか、天気には勝てません。これから順次、麻生川沿いのソメイヨシノも咲き出すでしょうし、楽しみなシーズン到来です。2014.3.26 浄慶...

  •  0
  •  0

塔とお寺

 今日は、北風が強く吹き体感温度は2度前後と、前日夕方の天気予報は伝えていた。 お昼近くになっても、そんな様子はなくて、穏やかな陽が差したり…。 が、天にわかにかき曇り…ではないが、黒雲が張り出し今にも泣きそうな塩梅。 遠くの山は陽が入り、手前は曇ってしまった。 今風な塔とお寺さん。 もう少しクラッシックな感じの塔ならば、ちょっと長崎の平戸風で面白かったかも…。 2014.3.21 麻生区上麻生...

  •  0
  •  0

2014_紅梅6

 いよいよ、紅梅の花も終わり始めた。 ということは、本格的な春の到来ということ。 この日から春ですという日はないけれど、さんざん雪に苦しめられだけに待ち遠しい。 頭上の桜はどうかと見上げてみれば、枝先にほのかにピンク色が見えてきた。 あと何日で、咲くのでしょうか。 ちょっと、いや、とっても楽しみです。 2014.3.17 浄慶寺...

  •  0
  •  0

しだれ梅を眺めながら

 ここ数日の暖かさで、残っていた梅の花が一斉に咲いた。 そして、あじさいも芽吹きはじめた。 やっと春本番になるのだろうか。 今週末は春のお彼岸ですし、 暑さ・寒さも彼岸まで という言葉もありますしネ。 2014.3.17 浄慶寺...

  •  0
  •  0

白梅&紅梅

 浄慶寺の境内というか、本堂前は周囲から囲まれるように奥まっている。 その立地条件から陽当たりは他の比べて、あまりよくなく花は遅れて咲く。 ちょっとだけ時間が戻ったような塩梅。 それがちょうど両方の花が咲くタイミングと合ってくるのが、不思議といえば不思議である。 2014.3.12 浄慶寺...

  •  0
  •  0

2014_紅梅5

こちらは、現代のズームレンズでとったもの。さすがにピントの合ったところは、ピンと来てバックはそれなりにキレイにボケてくる。昔みたいな酷いボケはズームといえども、見られなくなりつつある。やはりその反動だろうか。VR-70と言うレンズを使うのは…。2014.3.12 浄慶寺...

  •  0
  •  0

2014_紅梅4

 バックの紅色は、前日にアップした入り口の紅梅です。 このホンワカとした描写は、暖かくなるこの時期には大好き。 真夏の暑い中で、こんなボーしたものは、暑苦しくて撮りたくもないし・見たくなくなる。 毎年、ソフトフォーカスレンズで撮るとしたら、この時期だけである。 2014.3.12 浄慶寺 駐車場脇...

  •  0
  •  0

浄慶寺入り口の紅梅2

 今が盛りとばかりに咲き誇っている。 ちょっとボヤっとした感じが、なんとも言えない。 今回使用したカメラは、DXフォーマット機なもので70mm×1.5倍の105ミリ相当。 いつもの立ち位置だとちょっと範囲が狭めとなる。 単焦点レンズでは、画角が決まっている分だけ、カメラマンのフットワークが求められる。 ズームで安易なことばかりやっていると、それが億劫になってくる。 2014.3.12 浄慶寺...

  •  0
  •  0

水仙

総当たり戦のその3です。このレンズの特性として、暗い部分へのフレアのはみ出しが、その特徴の一つであろうか。こういった漏れてくる光を上手く取り込むならば、他にはない表現方法ができるだろうと思う。ま、そういう場を見つけ出すことが、かなりのポイントアップなんでしょうなぁ。2014.3.12 浄慶寺参道入り口付近...

  •  0
  •  0

ふきのとう

 ちょっと観察するのをサボっていたら、芽が出て、花が咲いてしまった。 寒くても、日差しは春になっていたからねぇ。 寒いといって惰眠していたら、たたき起こされたのでしょうか。 キヨハラVR-70のベストな被写体を探して……目につくものを手当たりしだいに撮ってみる。 それって、早い話が総当たり戦じゃないのか。 とりあえず一番ベストな絞り値は、f6付近だそうである。 開放値がf5ですからね。一絞り絞った感じで...

  •  0
  •  0

梅とみかん

 春らしい日差しがやってきた。 いや~、暖かいって、本当に気持ちが良い。 仕事も一休み。 ぷらぷらとカメラ片手にお散歩へ。 そう言えば、柑橘系もこの時期がシーズンだったけ。 ピンクの梅とオレンジ色。この対比は、なかなかマッチングがよいようです。 キヨハラVR-70をやっとフィールドに持ち出せた。 撮るのに手間ひまが、かかるのは仕方がない。 問題は、何をどう撮るかであろうか。 楽しみな反面、レンズに「俺...

  •  0
  •  0

2014_椿

 年度末ということもあって、仕事が多忙。 こういう時って、色々とまずいんだよなぁ。 webを見ていたら、キヨハラVR-70というソフトフォーカスレンズを見つけてしまった。 大昔に流行ったベス単の描写を再現するという触れ込みのレンズ。 発売当初からその存在は知って入ったが、欲しい時期には既に販売は終了していたのだった。 消費税も上がるし、そのために物入りだよなぁ今月は。 と3~4日悩んで、それまでに売れして...

  •  0
  •  0

みずくさ

 こないだ見た時には、こんなの生えていなかったから、季節ものなのだろう。 ちょっとフワフワした感じの葉があって、いいな。と思う。 あとしばらくしたら巨大化していて、あまりカワイくないというケースもありそうな気もする。 さて、なんという名の草なんでしょうねぇ? 2014.2.26 浄慶寺...

  •  0
  •  0