ぶらりASAO

ARCHIVE PAGE

archive: 2014年01月  1/1

小僧さん達

 秋葉神社から降りてくれば、そこは浄慶寺の境内。 小僧さん達の像にまるでスポットライトが当たっているような塩梅。 自然の妙技に感謝。 2014.1.19 浄慶寺...

  •  0
  •  0

七福神

 浄慶寺に七福神像がおかれてからそこそこの日々が経っている。 珍しくか “のぼり” なんかも立っていてPRしたいみたいな様子。 お正月に各地にある七福神巡りに行こうというパンフレットが駅に置かれているからなぁ。  それが一箇所で済むわけだから、お手軽ちゃお手軽である。 ま、問題は、ここにお参りをすると御利益があるかどうかだろうか。 2014.1.19 秋葉神社(浄慶寺)...

  •  0
  •  0

木々の隙間から

 風が強くて遠くある山々が、近くにあるように見える。 北西向だから、奥多摩・秩父の山々だろうか。 百合ヶ丘の高いところへ行けば、もっとよく見えるに違いない。 がそこでの風の強さを想像すると、二の足どころか三の足まで踏んでしまいそうになる。 見晴らしは良いンだけれどね…。 2014.1.19 浄慶寺の裏山から...

  •  0
  •  0

2014_紅梅2

 さ、寒い。 玄関先に出た時は、そうでもなかった。が、しばし歩いて見通しの良いところに出たら、冷たい風が吹き抜けていった。 まぁ、寒波が来ているからねぇ…。とは言うものの、Uターンして戻りたくなった。 浄慶寺裏山はちょうど、風が遮られるのだろうか。 冷たい風が吹き抜けることはなかったが、日当たりが良くてポカポカして日向ぼっこという訳にもいかなかった。 1週間近く経っても、花たちにそれほど大きな変化...

  •  0
  •  0

2014_紅梅1

 紅梅は、どうかなと思って探してみると…。 こちらも、1~2本の木の、枝の先端の数輪がやっと咲き出したばかり。 蝋梅に次いで咲き始めるので、こちらもまだまだですね。 2014.1.13 浄慶寺...

  •  0
  •  0

2014_蝋梅2

 気を取り直して、撮り直しに出かけてきました。 土曜日には、ほんの2~3輪しか咲いていませんでしたが、2日後だとパラパラと目立つようになりました。 でも、またまだです。 今日は、寒さが少し和らいだのでしょうか。同じような時間なのに霜柱が残っていませんでした。 それでも木全体では、こんな感じです。 最盛期までは、もう少しかかるようです。 あの蝋梅独特の香りが、待ち遠しいです。 2014.1.13 浄慶寺...

  •  0
  •  0

小僧さん達

 浄慶寺の入り口近くにある石仏。 かわいらしい顔に癒やされる。 もう撮りようがないなぁと思いつつも、同じようなアングルで光があると撮ってしまう。 まぁ、またかと思って諦めて下さい(笑)。 2014.1.13 浄慶寺...

  •  0
  •  0

青い海と赤い灯台

 真鶴港の入り口に設置されている灯台(標識灯)。  対岸は、ぐるっと回って湘南海岸。どの辺りになるのだろうか? 2014.1.1 真鶴...

  •  0
  •  0

厄除厄祓門

去年は、こんなものあったけなぁ? と目に付いた厄除厄祓門。それはどういうものかというと、↓以下の通り 文章の中身は、ともかくとしても、文中に点(、)や丸( 。)が入っていない。 礼状などは意図的に点や丸がないものもあるが、それでも空白をつくって読みやすいようにしてある。 この文章は、それすらない……う~~む。 古来の日本語の書き方は、こうであったか? それとも単に抜かしただけか? 抜かしただけだったら...

  •  0
  •  0

2014_蝋梅1

 浄慶寺では、年が明けると真っ先に先に咲き出すのが、黄色の花のロウバイ。 今年はどうかなと思って訪ねてみると入り口脇のロウバイは、まだまだつぼみのまま。 じゃ、本堂横の山側はどうかなと思って行ってみれば、ポチ・ポチといった案配。 まだ0.5分咲きといったところ(そんな言葉あるのかな)。 西日がよく当たるせいか、入り口付近よりも早めに咲き出すようだ。 中央少し下に大きくぼけているのが、唯一咲いていた花...

  •  0
  •  0

2014_貴船神社

 どうして神社に階段は、つきものなのだろうか。 やはり人の住む平地よりも一段と高い場所が、神様との接見の場所なのだろうか。 もっともここは海のそば。 山がすぐそこまで迫っているので、ある意味、これは仕方がないのかもしれない。 提灯に灯が入る頃に訪れたら、また違った絵になるだろう。 もっとも大晦日から元旦掛けては、毎年の如くヘロヘロ状態なので無理なのかもしれない。 2014.1.1 真鶴 貴船神社...

  •  0
  •  0

2014年 謹賀新年

 2014年 あけまして おめでとうございます 文頭は、ほとんど同じ文章でスタートするこのブログ。 更新がままならないので、見に来て戴ける方に大変申し訳なく思っております。 今年も、もう少し頑張ってみようと心がけています(ほとんど努力目標に近い)。  さて、今回も昨年末から今年にかけて、近場ですがちょっと出かけてきました。 昨年に引き続き初日の出を見ました。 と言ってはみたものの、年末からの疲れからか...

  •  0
  •  0