ぶらりASAO

ARCHIVE PAGE

archive: 2012年07月  1/1

随神門というのだろうか?

 明らかにお寺でいえば、山門だろう。 神社の場合、“ 山 ”は使わないだろうなと思ってググってみたら、 どうやら随神門というらしい。 お寺だったら山門には仁王像が安置されているのだが、そこはそれ神社。 仁王さんの代わりに 左大神、矢大神 が祭られているようだ。 2012.6.30 根津神社...

  •  0
  •  0

カラスに告ぐ

 根津神社境内で、見かけた立て看板。 たしかに頭上で、カラスがギャー・ギャーと騒いでおりました。 2012.6.30 根津神社...

  •  0
  •  0

神社なのに“卍”

 卍といえば、地図記号で“お寺”を意味するところ。 ここは神社なのに、至る所に卍(まんじ)が書かれている。 お寺と神社が分離したのは、明治になってからだ。 歴史の時間の流れから言えば、いつ最近のこと。 もしかすると古い由緒ある神社が持つ、不思議なナゾのひとつなのかもしれない(?) 2012.6.30 東京都文京区根津 根津神社...

  •  0
  •  0

根津神社 本殿

 こちらが本殿。 なんかパースがヘンだ。 画面右側の屋根は、下側に傾いている。 その反対側(左側)の路も下に傾いている。 なんで、こんな風に撮れちゃったのか? 大いなる疑問だ。 しかしシーズンを外しても、本殿前が無人状態になることは無かったなぁ。 やはり、有名どころだからかな? 2012.6.30 文京区根津 根津神社...

  •  0
  •  0

茅の輪

本殿入り口に、大きな茅の輪。-以前、柿生の琴平神社でお正月に見かけたが、今は夏。はて?ちゃんと説明板が、立っていました。だ、そうです。2012.6.30 文京区根津 根津神社...

  •  0
  •  0

鳥居

 ちょっと気になっていた根津神社へ行ってきました。 最近、出かける間際になっても、どこへ出かけるか迷っている場合も多くて困ります。 この日も、切符を買う直前まで迷っていて、更に迷って根津神社へ。 テーマと機材が、ちょっとチグハグとなってしまいました。 鳥居がズラリと並ぶ光景って、地元ではほとんど見られないので、異空間への入り口みたいでした。 暗くなってからは、通りたい場所じゃ、あまりありませんね。...

  •  0
  •  0

地に落ちた看板

 地に落ちた看板。 落ちたのが物理的な看板だけならば、よいのだけれど・・・。 2012.6.30 麻生区上麻生...

  •  0
  •  0

埋もれる羅漢さん

 山門入り口から、移動してきた羅漢さんたち。 ここは、緑豊かな場所だ。 既に下半身は、埋もれてしまった。 なかなか安住の場所とは、なりにくそうである。 2012.6.30 浄慶寺...

  •  0
  •  0

足裏地蔵さんと紫陽花

 足裏地蔵さんに紫陽花の花が、添えられように咲いていた。 散々見ているのに、この時までここに紫陽花が咲くなんて気がつかなかった。 見ているようでも実は見えていなかったのだ。 いつも通っている場所ほど、見ているはずのものが見えていないことが多々ある。 情報をセレクトする脳の働きなんだけれど、セレクトされないように意識の上で見続けることが出来れば、 傑作は たやすい! かもしれない? 2012.6.30 浄慶寺...

  •  0
  •  0

円熟の色

 額紫陽花の“がく”の色が、円熟味を増している。 よく見れば、1日程度遅かったか。若干だが、やつれが見えてくる。 どこまでが良くて、どこからが悪いのか。 花は、その見極めが難しい。 というか、アラのない花を探すのに多くの時間を費やすことになる。 それを苦労と感じるか、楽しみと感じるかによって被写体に対する愛情度が測れる。 そんな気がする。 2012.6.30 浄慶寺...

  •  0
  •  0