ぶらりASAO

ARCHIVE PAGE

archive: 2012年06月  1/1

2012_紫陽花_6

6月の最終日。早々から咲き誇ってきた参道脇の紫陽花が終わりに近づいた。早かった分だけ、終わりが早いのも自然の摂理。観光客も、目もくれずに単に通り過ぎるだけになってしまった。境内や本堂の裏山は少し選べば、まだまだ鑑賞、いやきれいな写真にも耐えられるほどだ。よく見れば、これから咲くのも多数ある。遅く咲く分だけ後まで、楽しめます。2012.6.30 浄慶寺 参道...

  •  0
  •  0

お地蔵さまと紫陽花

 もし伝統的なスタイルがあるとしたら、お地蔵さまは、このスタイルでしょうか。 ウィキペデアによると 釈迦入滅後、56億7000万年後に弥勒菩薩が、出現するまでの間、現世に仏が不在になってしまうため、その間の衆生を救う菩薩であるとされる。(一部要約) ですから、 人々の間を廻っていく姿を現した、この姿が一番ぴったり としていると思います。 あまりにも端的なお姿なので、撮影してもそのまましまい込む場合が多く...

  •  0
  •  0

八重の額紫陽花

 一口に紫陽花と言っても、多種多様な花がある。 一重ばかりが目に付いていたが、こんなものもあるのですねぇ。 肝心の花の部分は、これからだけれど咲いたら、どんな感じになるのかなぁ? やはりマクロレンズ、いやニコンだからマイクロか、アップを狙わんとダメかな。 2012.6.23 浄慶寺...

  •  0
  •  0

額紫陽花は・・・

 額紫陽花・・・あーでもない、こーでもないと悩む割には出来上がってくる写真は、ごく普通のもの。 うむ・・・。 これは、もっと悩めと言うことかもしれない。 2012.6.23 浄慶寺...

  •  0
  •  0

2012_紫陽花_5

 季節外れの台風4号は、各地に多くの被害をもたらして去って行った。 被害に遭われた方々には、1日も早い復興を願っております。 幸いにして、この付近はさしたる被害もなく、多くの雨を残していったに過ぎなかった。 いや、夜は風が凄くて、うるさくよく眠れませんでしたけれど…。 さて、浄慶寺の紫陽花。いつもの参道の所は日当たりが良くて、そろそろ旬は過ぎてしまったようだ。 だが一歩境内に入ると、今が旬。 満開...

  •  0
  •  0

弱ったなぁ・・・

 アジサイの花が、開花して重くなり段々と垂れ下がってくる。 そこには、羅漢さんの頭が・・・。 弱ったなぁ・・・もたれ掛かってくるじゃないか。 そんな羅漢さんのぼやきが、聞こえそうな案配である。 2012.6.17 浄慶寺...

  •  0
  •  0

開放の味

 今回、定点観察というか、開花状況に使っている花。 普段はズームレンズをある程度まで絞って使っているが、これは標準レンズの開放で撮ったもの。 開放からの描写は、そつがなくまったく問題ない。 Nikon AF-S 50mmレンズには、開放値がf1.4とf1.8のものがある。  昔だったらいざ知らず、新設計で同一単焦点でふたつのf値のレンズを揃えるなんて、あっぱれ であるとしか言えないだろう。 よくあるのは片方が10万円を越...

  •  0
  •  0

青もみじ

 秋葉神社の境内を覆うもみじ葉の“みどり”の濃淡が美しい。 「もみじ」を漢字で書くと「紅葉」「黄葉」が選択肢として出る。 それって、やっばり、この時期にはふさわしくない文字のような気がするのだ。 漢字は、表意文字だからなぁと、悩んでいると、段々と記事が書けなくなってくる。  それはそれとして、この時期の緑の濃淡は清々しいほど美しい。 日本では、しばしば「緑」と「青」を同一の意味として使うことが多々あ...

  •  0
  •  0

すかし模様

 額紫陽花を下から見る。 重なり合うところが、クローバーのようにも見えていた。 単焦点50mm F1.8で開放で撮ってみるとピントの合う範囲がとても狭くて、前後がきれいにボケてくれる。 ズームレンズが、どう逆立ちしてもかなわない部分でもある。 新しい設計の50mmなので、開放で盛大なフレアで出てなんてことはなく、シャンと写る。 ちょっと、うれしいような・悲しいような気分であることも事実。 APS機で撮影してい...

  •  0
  •  0

2012_紫陽花_4

 梅雨の晴れ間は今日までで、明日からまた雨と天気予報が伝えている。 紫陽花と言えば雨にピッタシな花なのだが、傘を差しながらの撮影は、少々めんどくさいのも事実。 今日はいつもより少し早めの午前中に出かけてきました。 平日の午前中だというのに、多くの人がいます。 ちょっと前に娘だった人や、大昔に娘だった人、そしてこれから娘になる人(保育園児)などなど。 それに毎日サンデーになった人、カメラマンやカメラ...

  •  0
  •  0

2012_紫陽花_3

 ひと雨ごとに、色が濃くなっていく紫陽花。 晴れ間の見えた日曜のお昼頃に撮影したため、花が少しクテっとしている。 が、まだまだ若いので、翌朝にはシャンとしている。 紫系もそろそろ色気(?)を出してきたようだ。 このままの気温だとするとあと5日程度で、バッチリ色乗りもよくなってくる。 2012.6.10 浄慶寺 参道...

  •  4
  •  0

純白の雲

 土曜日は、前線の影響で雨また雨の日であった。 まぁ、梅雨入りしたからね、仕方がないか。 の世界である。 日曜日になると一転して、晴れ。 前線の影響か、晴れても雲が多い日であった。 プカプカと浮かぶ雲が、面白かったので超ワイドを持ち出して撮影。 ちなみにレンズの焦点距離は、といいますとAPSで10mm域。35mmフルサイズ15mm。 ちょっとした空間も、広大な場所に変身します。 2012.6.10 麻生区上麻生...

  •  0
  •  0

純白のアジサイ

 染み一つない、初々しいくらいの純白。 最近のレンズの接近性能はあなどれない。 これは18-55mm VR というニコンの入門用キットに同梱されているレンズ。 もちろん単体でも売っている。 マウントなどプラスチックでいかにも安い造りだが、写りは安かろう・悪かろうという性能ではない。 開放F値が暗かったりして、それなりなのだが、ようは使い方次第だろう。   2012.6.7 浄慶寺 ...

  •  0
  •  0

2012のニューフェース

 お、凛々しいお姿。 気づけば、ニューフェースの登場である。 今年は、駐車場の入り口周りの工事していたので、それで終わりかと思っていましたが、さにあらず。 トップライトで、あまり撮影条件がよくありませんでしたが、ご紹介ということでございます。 2012.6.7 浄慶寺...

  •  2
  •  0

2012_紫陽花_2

 季節外れの台風が行った後である。 どんな台風が来るのだと覚悟をしていたが、普段より少し風があったかな程度で終わった。 さて、日に日に色づく紫陽花である。 朝から良い天気の昼間は、花がクテとしているのは仕方あるまい。 カメラとカメラの色の設定を代えたので、葉の色が前回よりくすんで見える。 実際の緑色は、こんなものかなと思える。 ビビットからスタンダードに代えただけなのだが思いの外、変化が大きいよう...

  •  0
  •  0

2012_紫陽花_1

 やってきました紫陽花の季節が。 そして、それは ジトジトして、蒸し暑くて、不快指数が頂点に達する季節。 今日も梅雨の “はしり” みたいな天気で、スカッとしません。 気温が低めだったのが幸いだったかも。 いつも浄慶寺ですがシーズンインなので、ポチポチとやっていきます。 今年の色づきは、一番色づいていても、まだかすかに色が差してきた程度です。 白色系も、まだまだこれからです。 それでも2~3組の方々が...

  •  2
  •  0