ぶらりASAO

ARCHIVE PAGE

archive: 2012年02月  1/1

水仙

 浄慶寺では、あまり水仙の花を見かけなかった。 が、いろいろなところで切り花になって飾られているので、どこかにまだ群生しているのかもしれない。 こちらはお寺さんから少し下がった場所の一角に咲いていたもの。 この手の水仙をどう撮ったら、よりうまく水仙らしく表現できるのだろうか。 悩みどころである。 2012.2.18 麻生区上麻生...

  •  0
  •  0

2012_紅梅01

 前回訪問してから1週間ほど経った。 その1週間近くは、このあたりでも雪が降ったりと暖かくなる兆しが見えない。 今日は外にいると、まるで冷蔵庫の中にいるような寒さだ。 それでも、確実に陽射しは春に向かっている。 風のこない日だまりにいれば、お日様の光に力強さを感じるまでになっている。 さて紅梅だが、まったくとっていいほど開花が遅々として進んでいない。 前回の開花を0.5分程度とすれば、今回は負けて...

  •  0
  •  0

ちょっと一献

名酒、“浄慶”をかたむけながら、する話はなんだろう。この日、熱心に撮影をされている年配の女性がいた。一連の撮影が終わったようなので、声をかけてみました。ビギナー域を出られていないような口ぶりでした。それでもこの歳になって(60代後半~70代ぐらい)、デジカメとパソコンを覚えられるなんて、なんて幸せなんでしょうと前向きでした。レンズは90mmマクロとちょっとマニアック。ズームレンズの方が、いいんでしょうか...

  •  0
  •  0

ナチュラル指向

環境への配慮だろうか。階段の手すりは竹製。2~3年ぐらいしか持たないが、竹の再生は早いからその頃には立派な竹が再び揃っているだろう。裏山の散策道の手すりも新しい竹に取り替えられていた。2012.2.12 浄慶寺...

  •  0
  •  0

2012_臘梅2

 キラキラと周りに散っている花も好きだが、今年は一輪のアップも撮ってみた。 蝋細工のような透明感はある。 だが、なんとなくもの足らない…。 何がもの足らないのだろうか? 2012.2.12 浄慶寺...

  •  0
  •  0

2012_臘梅1

やっと落ち着いて散歩の出来る生活状態になってきた。今年の浄慶寺詣では、かなり遅れてのスタート。しかし例年より寒さが厳しいので、花はどうかなと思っていた。羅漢さんの置かれている場所の臘梅は終わり気味だったが、裏山の本堂脇のはちょうど満開だった。毎回撮っているような写真だが、花がキラキラして、遠くの花が衛星のように散っているところが好きなのである。さて梅だが、白梅は全く咲く気配がない…。ここの梅は紅梅...

  •  0
  •  0

ピンクのイルカ

 ピンクのイルカが、空を舞っていた。 ただのバルーンと違って目が書いてあるだけに、なんだか上からジロりと見られている気がした。 2012.1.28 麻生不動(参道)...

  •  0
  •  0

年1回のみの名物

 木賊不動(麻生不動)尊で、開かれる「だるま市」は年一回、1日限り。 あとの364日は、ごく普通の建物となんでもない日常が広がっている。  参拝者は、いるのか・いないのか、が分からない程度の人数。 年一回しか売らない名物でも、地元には毎年買う愛好者がいるらしい。 売っていても買えない「まぼろしの○○」とは別な意味で、これもまた「まぼろしの名物」。 2012.1.28 麻生不動尊 参道入り口...

  •  0
  •  0

人生相談

 神様・仏様じゃないから、人生相談なのか? 365通り、いや今年は366通りか の選択肢。 2012.1.28 麻生不動尊 参道...

  •  0
  •  0