ぶらりASAO

ARCHIVE PAGE

archive: 2009年02月  1/1

春のきざし

 この冬、最後になるのでは…と言われている冷たい雨が降っている。 木々に雫がつく。その木々には芽が、膨らんできている。 春は、そこまで来ていることを実感させるシーンだ。 2009.2.20 麻生区上麻生...

  •  0
  •  0

境内のしだれ梅

 浄慶寺には、寺の入り口にもしだれ梅があるが、こちらは境内のもの。それほどの古木ではないと思うが、ゆったりと咲いていく。 この日は、まだ先端部ぐらいしか咲いておらず、今週末ぐらいが見頃になるのかもしれない。 2009.2.8 浄慶寺...

  •  0
  •  0

たけの子姫

 浄慶寺の境内はそれほど広くはないが、所々に石仏が置かれている。 彼女は、庭の奥への行き止まりにいて、微笑んでいる。 バックのコンクリート製のものは井戸。木に隠れてしまっているが、昔懐かしい手押し式のポンプがある。 ちなみに「たけの子姫」とは私が勝手に命名したものですから、一般性はたぶん無いです。 2009.2.8 浄慶寺 ...

  •  2
  •  0

出迎えてくれる花

 浄慶寺は丘の中腹にある。中腹といっても下の道から50mぐらいしか歩きませんが。 下から歩いて来ると、このお寺の境内案内図と季節の花がまず目に入ってくる。この時期は紅梅が“あるじ”となってくれる。 「良く来たなぁ。しっかりと心を落ち着けていってくれ」と言わんばかりにやさしく出迎えくれる。 2009.2.8 浄慶寺...

  •  0
  •  0

三色が揃った

 暖かい日差しに誘われるようにして、ここの白梅が咲き始めた。 いつものごとく、蝋梅も咲いている。どうもこの蝋梅は遅咲き傾向があるのかもしれない。 三色が揃って春の花のスタート。 やはり今年は暖かい年のようだ。これで雪でも降れば、咲いた花と雪景色…絵になるんだがなぁ。 2009.2.8 浄慶寺...

  •  0
  •  0

足裏のお地蔵さん

 仏陀のあしの裏には、仏の印があるが、この足の裏にはお地蔵さんがいる。 浄慶寺の庭は、葉牡丹が盛りだ。そんな葉牡丹に囲まれたお地蔵さんが微笑んでいた。 2009.1.31 浄慶寺...

  •  0
  •  0