ぶらりASAO

ARCHIVE PAGE

archive: 2008年08月  1/1

蓮の実

 久々の晴れた日曜日。さぼりにさぼった散歩を…。涼しい環境に慣れた身には日差しがキツイ。 結局、浄慶寺に行ってお茶を濁すことになってしまった(汗)。 蓮の葉の周辺が枯れ始めてきた。少し涼しい日があったためだろうか? 花が咲けば実が実る。 改めてみるとこの状態は結構グロテスクだ。 2008.8.31 浄慶寺...

  •  0
  •  0

なんだっけ?

 曼珠沙華のように地表からすっーと花の茎だけが伸びていた。 何の花だろうかと気になって咲いている時に再び訪問したら、その場所以外でも、盛んに咲いている。 上品なピンク色。汝の名前は? まぁ、時によっては、知らない方がよいこともある。  最初にあげた曼珠沙華。別名をブタ饅頭ともいうらしい…知らなければ、良かったとその名前を初めて知った時は、そう思った。 2008.8.11 町田市三輪町...

  •  2
  •  0

お茶の実

 お茶の水ではなくて、お茶の実である。 お茶というと、あの緑茶(日本ならば)の木の実である。木であるからには、花も咲くが、残念ながら花の写真はない。 中に茶色の実が入っている。そう、1つの実に2つか3つほど。この実が食べられるのか判らないが、美味しいとか食べたとかの話を聞かない…。 ちなみに、紅茶も、ウーロン茶も、緑茶も、みな同じ木の葉です。 紅茶は、完全に発酵させたもの、ウーロン茶は半発酵、緑茶...

  •  0
  •  0

「楽園へのあゆみ」もどき

 アメリカの有名な写真家のひとりに故ユージン・スミス氏がいる。 1978年に亡くなっているので、知らない方も多いでしょうか。 彼の代表作品のひとつに日本で撮った「日立」や「水俣」がある。 彼は、第2次世界大戦に従軍カメラマンとして加わり、多くの作品を残した。また戦後1946年に自分の2人子ども(と言われている)を半シルエットにして「楽園へのあゆみ」という作品を発表している。 初めてそれを見たときの衝撃は忘...

  •  0
  •  0

みどりの絨毯

 谷戸の田は小さい。まぁ、小さいと言っても千枚田ほどではないが。 両サイドを尾根に囲まれていて、朝夕は開けた場所よりも日照時間は確実に短いだろう。もっとも開けた場所は、とっくの昔に宅地化されて逆にこういった場所にしか田は残っていないのが現実ではある。 夕方残照で輝くみどりの絨毯が、夕方の散歩に気分を落ち着かせてくれた。 2008.8.11 町田市三輪町...

  •  0
  •  0

無人野菜販売所

 久々に今日の夕方、三輪の里山を歩いた。 前回歩いたのは、と調べてみると5月15日。随分と長い時間が経ってしまった…。 2度ほど登場した無人野菜販売所である。今日は夕方にもかかわらず野菜が残っていた。ナス、トマト、シシトウ、ピーマン、ジャガイモ…1~2袋だけれど残っていた。 お盆シーズンで、行楽等出かけている人が多いのだろうか? 買ってみたかったのだが、冷蔵庫の野菜室には買ったばかりの野菜があふれてい...

  •  0
  •  0

お地蔵さん

 浄慶寺の庭隅に置かれているお地蔵さん。 このポジションには四季折々の花が咲いて、結構な回数のシャッターを切るのだが、毎回いまいち納得が出来ない……そのひとつに、置かれているサンタ仕様のクマさんにあるのではないかと、今日改めて思った。 この時期は特にモゴモゴしたものに触りたくない。もう見ただけで汗が出てくる。そのような気分を反映して足下におかれたクマさんが一段と違和感を放って見えてくる。 せ、せめて...

  •  2
  •  0

小さなお客さん

 浄慶寺の庭先に、まだ桔梗が咲いていた。枯れた花が除かれていた。 そこへどこからか、小さなお客さんが来た。マクロレンズは持っていなかったので、出来るだけ寄れるレンズで寄ってみた。 お客さんが小さくて、ピントが花に持って行かれてしまう。何枚がチャレンジ。これは、その中で一番まともそうなものである(汗)。 2008.8.3 浄慶寺...

  •  0
  •  0

花びら

 役目を終えた蓮の花びらが、水面に落ちていた。 水面は、一面水草が生い茂り、まるでみどり絨毯のよう。なぜか昨秋に沈んだハズの落ち葉も浮かび上がっていた。 2008.8.3 浄慶寺...

  •  0
  •  0

ひまわり

 「ひまわり」(1970)というソフイア・ローレン主演の映画があった。 オープニングで、カメラがパンすると何万十本、いやもっと桁が違うかもしれない一面のひまわり畑が映し出される。(見ていない方は、ぜひご覧を DVDにもなっているようです)←蛇足。 その印象が強いせいか、日本のいくつかのひまわり畑をみても感動が出来ない身体になってしまった。 今日は、地元から少し出て、夏の花と言われる「ひまわり」を見に行っ...

  •  4
  •  0