ぶらりASAO

ARCHIVE PAGE

archive: 2008年07月  1/1

ツユクサ

 ツユクサ。これも雑草と一緒にあちらこちらに咲いている花の仲間だ。 青い小さな花が、緑の中から飛び出すように咲いていた。本来はもっと多く咲くのだろうが、この場所には2~3輪しか咲いていなかった。 相変わらず虫メガネの世界であるが、自然の造形美は絶妙だと感じる。 2008.7.31 川崎市麻生区上麻生...

  •  0
  •  0

蓮花が咲いている

 気がつけば、あっという間に1週間が流れてしまった。 少しだけ寄ってみたら、あちらこちらで咲いている。もう少し行く時間が、早ければもう少し開かないでいてれるのかもしれない…。 よく見る少し見下ろしたようなアングルは、ここではとれなかった。 咲いている場所は水面から2m位上にある。地面と水面はほぼ同等なので、どうしても見上げてしまう。脚立を持っていないと上からのぞき込むようなアングルはとれないようだ...

  •  2
  •  0

桔梗

 そう言えば、こんな花も撮っていたんだっけ…。 撮影したのは7月12日。既に枯れてしまった花が、画面横に写り込んでいる。これくらいは手で外してしまっても問題はないと思うが場所がお寺だけに、そのままにしておいた。 やはり花は、旬の時期を狙わないと余計な苦労をする。どうアングルをとっても画面構成が、悪くなるだけなので、素直に撮し込んでしまった。 花との駆け引きを妥結してしまった結果だ。 時と場合によって...

  •  0
  •  0

蓮花

 少し間が空いてしまったが、浄慶寺の蓮池に足を運んでみた。 いや、残念…先に見つけておいたものは、ものの見事に散っていた。でも、よくみるとあちらこちらに蕾を発見。いまこれから咲こうと準備をしている。 今度は、もう少し頻繁に訪問しなくては…。 2008.7.21 浄慶寺...

  •  0
  •  0

いつ咲くか?

 浄慶寺の駐車場脇に小さな池がある。 この時期には蓮池となる事を知っていたが、毎年蓮が枯れたのしか、見た覚えがない。 近所にある蓮は、既に散っているという話も聞くのに、この蕾が、この蓮池の記念すべき1号だ。 気にかけてはいるのだが、あと何日後に咲くのだろう。たぶん、散りかけた頃に「しまった!」といいつつ、写真を撮っている気がしないでもない…(汗)。2008.7.14 浄慶寺...

  •  0
  •  0

光化学公害注意報発令中

 1960~70年代にかけて、天気が良く、風が弱く暑い日に臨海部で発生した公害で、注意報がよく発令された。 しばらく見かけなかったが、昨年あたりから再びよく見かけるようになった。 川崎・横浜の臨海部から工場群が姿を消し、倉庫や空き地が目立つのになぜ? と思っていたら、越境で襲ってくるらしい。  中国臨海部の経済発展の著しい中で、公害防止を置き忘れていたらしい。はるばる海を越えて日本や韓国に飛来しているよ...

  •  0
  •  0

ニューフェイス登場!

 一ヶ月ぶりに訪問したら、羅漢さんが増えていました。 太鼓を叩く羅漢さんと獅子舞の羅漢さん…。 置かれた直後らしく、シミひとつありません。訪問した時は、ちょうど雲が張り出して光がフラット状態…メリハリをつけようが無いです。 今日の所は、ニューフェイス登場のご紹介ということで…(汗) 2008.7.12 浄慶寺...

  •  0
  •  0

浄慶寺の紫陽花7/12

 浄慶寺に紫陽花を見に来る人も、ほとんど見かけなくなり、そろそろ終わりかなと思っていた。 少しだけ時間がとれたので、さっさと出かけてました。確かにおもだった所は終わって、剪定されていた。 裏山の額紫陽花は、時期こそ少し終わり気味だが、まだ被写体になる綺麗なものもあった。 前回に訪問したのが6月15日だから、ほぼ1ヶ月ぶり。紫陽花の花のシーズンは長いと改めて思った。 2008.7.12 浄慶寺...

  •  2
  •  0

こいつには“つの”がある

 よく見るとひとつだけ、角があった。 多分、これはおしべ?? しかし、他のにはどれもついていなかった。ちょっと不思議な気がした。 2008.7.3...

  •  0
  •  0

艶やかに

 まるで砂糖菓子で作ったような花(だろうなぁ)だ。 蔦のような絡まる多年草だ…名前は…まだ知らない(汗) 花の直径は2ミリほどのかわいいものが、沢山連なって咲く…。全部咲くと全体の色味が綺麗になることだろう。 あっという間に7月に突入した。例年では、学校が夏休みに入ってから梅雨が明けるのが定石だが、異常気象の今、梅雨はいつ明けるのか、それともこんなよい天気が続くので明けてしまったのか? 2008.7.3 川...

  •  2
  •  0