ぶらりASAO

CATEGORY PAGE

category: 鳥  1/6

ヒヨドリのアクロバット

 桜が咲くと、その蜜を狙っていろいろな鳥たちがやってくる。 この時間帯は、ヒヨドリの時間だったらしく数羽で、忙しそうに蜜を吸っていた。 以前に見た時は吸ったあとの花をクチバシで遊ぶようにして散らしていたが、この鳥たちはそれはせずにひたすら懸命に吸っていた。 人間だって蜜がすきだものね。自然界の甘味は特に美味なのだろうね。 2018.3.24 浄慶寺...

  •  1
  •  0

ツグミ

 春の陽差しを浴びてノンビリと歩いていたら、目の前に1羽の鳥がやってきた。 そして振り返り、「俺になんかようか」とばかりにこちらを見ていた。 「そうか、用はないか」と思ったのだろう。 おもむろにピョンビョンはねるようして離れていった。 2018.2.23 浄慶寺近く...

  •  0
  •  0

歩くアオサギ

 ふと、麻生川に目を落とすと見慣れぬ鳥がいた。 お、久しぶりのアオサギである。 普段この付近では見かけないから、どこからか飛来した迷い鳥かもしれない。 川と川岸の道の間に段差があるので、安心しつつも注意深く、だが恐れずに川の中を闊歩していた。 この翌々日に少し離れたところで再び見かけたので、しばし滞在しているのかもしれない。 しかしロー・ビジーだ。なんとも見づらい色。 コサギなどは、堂々と純白の身...

  •  0
  •  0

お疲れ鴨さん達

 梅雨が明けたというのに、梅雨空みたいな日が続く。 7月26日は、この辺では昨夜から断続的な雨が降った。 この麻生川も普段は泳ぐ鯉の背中が水面から飛び出るほどの水量しかないが、ひとたび雨が降ると排水路となり水かさが増す。 まだ飛べない雛たちを連れてこの親鴨は、どこへ待避していたのだろうか。 この時期になると毎年浮かぶ疑問である。 27日になって水かさが減り、川底から岩が露出してきた。 そこで休む鴨の親...

  •  0
  •  0

コサギ_2

昨日アップしたアオサギの近くにいたコサギ。これも2度目の登場です。大型の鳥たちが自由にいる風景は、豊かな自然の象徴でもあります。近くを流れる酒匂川には猛禽類の姿を見ることができますし、間近に箱根の外輪山が見えます。山が近いため気候は、平地の気候というよりは山の気候(天気)に近い感じがします。冬は山がけぶっていると思うと段々と近づき雪が舞いますが、積もることは余りなさそうです。また海にも近く、この辺...

  •  0
  •  0