ぶらりASAO

INDEX PAGE

Index

1112: 長安寺の羅漢さん9

 対角魚眼レンズで、羅漢さんに迫ってみた

  •  0
  •  0

1111: 長安寺の紅葉1

 ほぼ1ヶ月ぶりに箱根・仙石原の長安寺に

  •  0
  •  0

1110: 三輪 七面山の黄葉

 浄慶寺から町田市三輪の高蔵寺へ散歩。 

  •  0
  •  0

1109: なんという雲?

 浄慶寺の駐車場で、ふと空を見上げると、

  •  0
  •  0

1108: ドウダンツツジの葉 3

 とうとう11月に入った。 今年も残すとこ

  •  0
  •  0

1107: ドウダンツツジの葉 2

 そう言えば、違うメーカーのフルサイズデ

  •  0
  •  0

1106: ドウダンツツジの葉

 前日の撮影結果が納得できないので、再度

  •  0
  •  0

1105: 山椒の実

 山椒の実は小粒でもピリリと辛い。と言わ

  •  1
  •  0

1104: ガマズミの実 2

 秋雨前線やら、台風21号の来襲やらで晴天

  •  1
  •  0

1103: 長安寺の羅漢さん8

 鷲鼻の羅漢さん。 この顔立ちは、欧米人

  •  0
  •  0

1102: 瞑想はかくあるべし(長安寺の羅漢さん7)

 瞑想はかくあるべしと、端的なスタイルを

  •  0
  •  0

1101: 安楽姿勢で瞑想する (長安寺の羅漢さん6)

長安寺の宗派は曹洞宗。 寺の掲示板には、

  •  0
  •  0

1100: 心の炎(長安寺の羅漢さん5)

 木漏れ日が、ちょうど胸に当たっていた。

  •  0
  •  0

1099: 長安寺の羅漢さん4

 ポーズこそ違うが、まるで大黒さんのよう

  •  0
  •  0

1098: 長安寺羅漢さん3

 長安寺の裏山と行っても、実は本堂の横か

  •  0
  •  0

1097: 長安寺の羅漢さん2

 長安寺の前庭にいる羅漢さん。 いや、俺

  •  0
  •  0

1096: 長安寺羅漢さん1

 羅漢は、地蔵、観音、仏になるための修行

  •  0
  •  0

1095: 長安寺本堂

 すすきヶ原から、ぐるっと歩いて長安寺へ

  •  0
  •  0

1094: 箱根  仙石原のススキ2

 この仙石原のススキ、たしかに広大な場所

  •  0
  •  0

1093: 箱根  仙石原のススキ

 10月の連休を利用して、箱根仙石原へ出か

  •  0
  •  0

1092: ガマズミの実

 柿生中学校の裏山に「おっ越し山」と名付

  •  0
  •  0

1091: 尺八を吹く羅漢さん

 木々の葉が落ち始めて、ちょっと空が見え

  •  0
  •  0

1090: 柿 実る

 柿が柿色に色づいている。 この地が原産

  •  0
  •  0

1089: 秋空

 いつの間にか10月になってしまった。 い

  •  0
  •  0

1088: 常夜灯と蕎麦の花

 畑の真ん中にあるとも思える片割れの常夜

  •  0
  •  0

1087: 蕎麦畑と参道

 「週末は山梨にいます」は、山梨キャンペ

  •  0
  •  0

1086: 祭り旗

 その日、豪徳寺の商店街を歩くと祭り旗が

  •  0
  •  0

1085: 結界の先

 浄慶寺に隣接して、秋葉神社がある。 鳥

  •  0
  •  0

1084: 池のほとりで

 久々に浄慶寺に行くと駐車場が大賑わいし

  •  0
  •  0

1083: 2017_彼岸花1

 ちょっどお彼岸の頃に咲くから彼岸花だそ

  •  0
  •  0

1082: 久々の青空

 朝、目が覚めて外を見ると予報通り、雨が

  •  0
  •  0

1081: 歩くアオサギ

 ふと、麻生川に目を落とすと見慣れぬ鳥が

  •  0
  •  0

1080: 夏の樹

 ご無沙汰しておりました。 8月に入って

  •  0
  •  0

1079: お疲れ鴨さん達

 梅雨が明けたというのに、梅雨空みたいな

  •  0
  •  0

1078: 秋葉神社の鳥居額

 このシーンは、よく紅葉の時期に使うので

  •  0
  •  0

1077: ホタルブクロ

 ちょっと旬が過ぎてしまい、1輪は朽ちて

  •  0
  •  0

1076: 緑色のもみじ

 「もみじ」というと、ついつい「紅葉」と

  •  0
  •  0

1075: 緑陰

 熱い、暑い、あつい……。 梅雨も明けてい

  •  0
  •  0

1074: 2017__紫陽花4

  前々から欲しかったレンズをこのたび手

  •  0
  •  0

1073: 2017__紫陽花3

 今年の紫陽花1で登場した浄慶寺駐車場入

  •  0
  •  0

1072: 2017年ニューフェイスの羅漢さん

 今年もニューフェイスの羅漢さんが登場し

  •  0
  •  0

1071: 2017_タチアオイ

 また、この花の季節が回ってきた。 スラ

  •  0
  •  0

1070: アジサイ花見でダンゴ

 【ブログ再開のお知らせ】ご心配をおかけ

  •  4
  •  0

1069: 2017_紫陽花2

 額紫陽花も一部だけれども、咲き始めてき

  •  4
  •  0

1068: 2017_紫陽花1

  緑が深まると、紫陽花のシーズンとなっ

  •  0
  •  0

1067: 深緑化する

 この間、ここの桜がやっと咲いたねと報告

  •  0
  •  0

1066: 2017ラオフェス

 毎年この時期になると東南アジアの国々の

  •  0
  •  0

1065: 生田緑地のデゴイチ

 何年かぶり、いや十何年かぶりに生田緑地

  •  0
  •  0

1064: 覆い被さられる

 本堂前のツツジの花が咲き始めた。 その

  •  0
  •  0

1063: 埋もれる

 気温の上昇するこの頃、浄慶寺の草たちも

  •  0
  •  0

1062: 白とピンク

 道端にシロツメ草の花が咲いていた。 そ

  •  0
  •  0

1061: 2017_神田祭5 仁王立ち

 そろそろ夕暮れ時になった。 神輿も仕舞

  •  0
  •  0

1060: 2017_神田祭4 旅籠町

 今は町名変更となり旅籠町という地名はな

  •  0
  •  0

1059: 2017_神田祭3 給与車

 通りから少し入ったところに「給与車」と

  •  0
  •  0

1058: 2017_神田祭2

 秋葉原といえば、時代によって、家電、パ

  •  0
  •  0

1057: 2017_神田祭1

 例年、この時期は代々木公園のタイフェス

  •  0
  •  0

1056: 2017_シャガ 2

 今期、再び登場のシャガの花である。 そ

  •  0
  •  0

1055: もみじの新緑2

 新緑が、目に眩しいくらいだ。 この輝き

  •  0
  •  0

1054: 春てんこ盛り

 一気に緑が濃くなってきた。 もみじの新

  •  0
  •  0

1053: つつじとハナダイコン

 正直に告白すると、実はつつじとさつきの

  •  0
  •  0

1052: 自転車の練習

 ゆったりとした時間の流れる日曜日の午後

  •  0
  •  0

1051: 八重桜

 ソメイヨシノの花が終わる頃に咲き始めの

  •  0
  •  0

1049: もみじの新緑

 桜花が終わり落ち着いたかなと思って、浄

  •  0
  •  0

1050: シャガの花

 もう、そんな時期なんだね、と思ってしま

  •  0
  •  0

1048: そらあり

 駐車場のあきを知らせる張り紙を目にする

  •  0
  •  0

1047: 菜の花と桜花のコラボ

 昨日、路を歩いていたら花吹雪が素晴らし

  •  0
  •  0

1046: 深山の味わい風、桜 II

 東側に山(いや、丘か)を背負っている関

  •  0
  •  0

1045: 2017_桜花5

 そろそろ足下が暗くなってきた。 舗装さ

  •  0
  •  0

1044: 川面の桜花

 夜桜といえば、皇居のお濠端や目黒川での

  •  0
  •  0

1043: 桜花の句会

 今年の麻生川沿いの桜祭りは4月1日と2

  •  0
  •  0

1042: 誰そ彼時

 近所のおじ(い)さんに誘われて、麻生川

  •  0
  •  0

1041: 龍の目

 環境センターに古代木が展示されている。

  •  0
  •  0

1040: 2017_桜花4

 ここのところ暖かい日が続いたせいか、一

  •  0
  •  0

1039: 羅漢さん達のお花見

 ここ数日で、やっと浄慶寺境内の桜も開花

  •  0
  •  0

1038: ワハハ羅漢さんとハナダイコン

 やっと浄慶寺の桜も開花が進んだ。 それ

  •  0
  •  0

1037: 2017_桜花3

 3月25日に東京で桜の開花宣言がでました

  •  0
  •  0

1036: コサギ_2

昨日アップしたアオサギの近くにいたコサギ

  •  0
  •  0

1035: アオサギ 2

このブログでアオサギが登場するのは2度目

  •  0
  •  0

1034: 2017_ハナダイコン

このスミレに似た花の名前は、ハナダイコン

  •  0
  •  0

1033: 2017_桜咲く_2

 午後から急速に天気は回復してきた。 だ

  •  0
  •  0

1032: しずく

 まだ葉を出さぬ枝先で雨が、しずくになっ

  •  0
  •  0

1031: 2017_桜咲く

 冷たい雨が降る日曜日。 日中でも吐く息

  •  0
  •  0

1030: 千重咲きのつばき

 自宅の庭に咲く千重咲きのつばき。 椿と

  •  0
  •  0

1029: ふるさと村の菜の花

 三輪の谷戸の切り通しを抜けると、横浜寺

  •  4
  •  0

1028: 妙福寺前のお地蔵さん

 顔は摩滅してしまい、手は欠けてしまい、

  •  0
  •  0

1027: 木瓜の花

 2週間ぶりに三輪の里を歩きました。 寒

  •  0
  •  0

1026: 三猿

 三猿を久々に見つけました。 見ざる、聞

  •  0
  •  0

1025: 2017_妙福寺2

妙福寺は明徳2年(1391)に日蓮宗日億上人

  •  0
  •  0

1024: 切り通し

 三輪の里山の奥から、この切り通しを抜け

  •  0
  •  0

1023: 痕跡

 辻にコンクリートの土台がポツンとあった

  •  0
  •  0

1022: 2017_妙福寺1

 町田市三輪町のある妙福寺。このブログを

  •  0
  •  0

1021: 2017_白梅4

 浄慶寺中庭は寒い。 東・南側と丘に遮ら

  •  0
  •  0

1020: 2017_紅梅4

3月の声を聞く。いよいよ本格的な春の足音

  •  0
  •  0

1019: 梅林

 高蔵寺を含む一体を町田市三輪町という。

  •  0
  •  0

1018: ペイント石?

 高蔵寺近くにある土留め壁画は随分と前に

  •  0
  •  0

1017: カワウ

 浄慶寺近辺に流れている麻生川より、鶴川

  •  0
  •  0

1016: ふしぎな木と仏足石

 久しぶりに訪れた岡上にある高蔵寺。少し

  •  0
  •  0

1015: しだれ梅2

 晴れのち曇り。 カメラを持って出かける

  •  0
  •  0

1014: 紅白梅

 いつも日陰状態の浄慶寺境内。 その庭に

  •  0
  •  0

1013: 2017_白梅3

柿生駅から浄慶寺へ向かう道の途中に、梅が

  •  0
  •  0

1012: 本堂前のしだれ梅

 このレンズを持ってして、やっと本堂前の

  •  0
  •  0

1011: う~~~ん

 広角レンズだと広く写るということもある

  •  0
  •  0

1010: 2017_しだれ梅

 ここ数日の暖かさで、一気に開花が進んだ

  •  0
  •  0

1009: だるま市バスに想うこと。

 以前はねぇ、柿生駅からバスも増発されて

  •  0
  •  0

1008: だるま市の屋台3

 このあたりになると、多少は新しい感じが

  •  0
  •  0

1007: だるま市の屋台2

 さて、参道屋台シリーズの続きです。 幟

  •  0
  •  0

1006: だるま市の屋台1

 ここからは、だるま市で見かけた屋台シリ

  •  0
  •  0

1005: うつり絵の現世

 そこにあるのだけれど、そこにはない。う

  •  0
  •  0

1004: き になる き

境内の一角に位置しているだるま屋さん。う

  •  0
  •  0

1003: 契約のあと・さき

 境内へ階段を上がると、今度は本堂前への

  •  0
  •  0

1002: 2017年だるま市

 1月28日は、柿生が一年のうちで一番賑わ

  •  0
  •  0

1001: 2017_白梅2

 浄慶寺の白梅も順調に、開花してきた。 

  •  0
  •  0

1000: 2017_紅梅2

 午後から急に暖かくなった日。 私も温か

  •  0
  •  0

999: 2017_白梅1

 風の強い土曜日から一転して、穏やかな日

  •  0
  •  0

998: 霜柱

 赤土が見える日陰に霜柱があった。 もう

  •  0
  •  0

997: 青空

 この冬、最強の寒波が来ているという。 

  •  0
  •  0

996: 2017_紅梅1

 浄慶寺の裏山に、かすかにピンク色が見え

  •  0
  •  0

995: ひとり違っている

 いや、なんでだろう? 昨年加わった羅漢

  •  0
  •  0

994: 無人販売スタンドにて

 浄慶寺に上がる参道(?)の根元に野菜の

  •  0
  •  0

993: 側壁

 まだお昼を回ったばかりだというのに、太

  •  0
  •  0

992: 灯籠とパームツリー

 真鶴半島は相模湾、伊豆半島の根元にちょ

  •  0
  •  0

991: クロサギ

のんびりと海岸沿いの遊歩道を歩いていたら

  •  0
  •  0

990: 真鶴港

 貴船神社から海岸沿い少し歩くと、真鶴港

  •  0
  •  0

989: 2017年 貴船神社のお正月

2017年  あけましておめでとうございます

  •  4
  •  0

988: 羅漢さんとマンリョウ2

地表近くには、羅漢さんがいる。西日を受け

  •  0
  •  0

987: 羅漢さんとマンリョウ

 さすがに高い木々は、ほぼ冬支度をした。

  •  2
  •  0

986: 2016_水仙

ここの水仙は、いつも12月頃から咲き始める

  •  0
  •  0

985: 枯れ葉よ、枯れ葉

今の冬一番の寒さと言われた金曜・土曜。18

  •  0
  •  0

984: サザンカ

 秋の終わりから冬にかけて咲く花、サザン

  •  0
  •  0

983: 本厚木駅前のイルミネーション

 最近は、めったのことでは夜に出歩かなく

  •  0
  •  0

982: 2016_紅葉3

 一口にもみじと言っても、様々な種類があ

  •  0
  •  0

981: 2016_紅葉2

 その日、外へ出ると青空が眩しかった。 

  •  0
  •  0

980: 影絵

 木漏れ日が、きれいにもみじ葉の形を投影

  •  0
  •  0

979: 季節外れの紫陽花

 浄慶寺入り口にある紫陽花が、この12月に

  •  0
  •  0

978: 2016_紅葉1

長めのお休みを頂いておりますこのブログで

  •  0
  •  0

977: 砂糖細工のような花

 この花は、まるでケーキにのっている砂糖

  •  0
  •  0

976: 蓮のつぼみ

 小さな池というよりも、水たまりに近い浄

  •  0
  •  0

975: 鴨の艦隊

 麻生川に生息するカルガモたち。 今年は

  •  0
  •  0

974: オシロイバナ

 散歩の途中で、オシロイバナが咲いている

  •  0
  •  0

973: カルガモの親子

 近くを流れる麻生川にカルガモの親子を見

  •  0
  •  0

972: 2016_紫陽花_5

 紫陽花の花色の変化は、土壌の酸度で変わ

  •  0
  •  0

971: 2016_額紫陽花

 額紫陽花は回りにあるのが花だと思いがち

  •  0
  •  0

970: 2016年の新羅漢さん

 先日、訪問した時には、まだいらっしゃい

  •  0
  •  0

969: 紫陽花と、お~い羅漢さん

 緑が色を増してくる頃になると、羅漢さん

  •  0
  •  0

968: 2016_紫陽花_4

 たまには変わった表現ではないが、超広角

  •  0
  •  0

967: 2016_紫陽花_3

 天気の回復してきた日曜日の午後は、浄慶

  •  0
  •  0

966: 2016_紫陽花_2

 関東甲信地方が、梅雨に入ったらしいと気

  •  0
  •  0

965: シースルー

 午後になると、ここは逆光になる。 順光

  •  0
  •  0

964: ブルー and ブルー

 6月といえば、梅雨。 梅雨といえば、紫

  •  0
  •  0

963: 2016年_ラオスフェスティバル

 何年かぶりで、ラオスフェスティバルに行

  •  0
  •  0

962: 2016年 第17回タイフェスティバル

 毎年5月の第2週末に、代々木公園でタイ

  •  0
  •  0

961: カーネルおじさん武者姿

 5月の連休前に街を歩いていたら、武者姿

  •  0
  •  0

960: 新緑の中の十三塔

 ついこの間まで、もえぎ色だったのにと思

  •  0
  •  0

959: 山里風光景

新緑の美しい時期です。パアーと萌えるよう

  •  0
  •  0

958: 足裏お地蔵さん

 木々が茂ってくると、木漏れ日が楽しくな

  •  0
  •  0

957: ハナミズキ

 新緑の中にあって、燃えるように赤色が目

  •  2
  •  0

956: ハナダイコンと菜の花

 電車に乗り、いくつかの駅を越えた。 出

  •  0
  •  0

955: 深山の味わい風、桜

 この辺りは丘陵地帯。 そこに残っている

  •  0
  •  0

954: 2016 新緑に桜花

 桜が開花してから天気が悪い日が続いてい

  •  2
  •  0

953: 2016 桜咲く

 今年も桜のシーズンが始まった。 浄慶寺

  •  0
  •  0

952: 2016_紅梅1

 暖冬・暖冬とすっかり油断していたら、1

  •  0
  •  0

951: 蝋梅と十三塔

 本来ならば葉は落ち、花のみが咲いている

  •  2
  •  0

950: ロウバイ咲く

 例年ならば、気の早い花が少々咲いている

  •  0
  •  0

949: 浄慶寺入り口

 浄慶寺の駐車場からみた入り口付近。 石

  •  0
  •  0

948: 紅葉と石灯籠

 一面の赤の中に、石灯籠の黒が存在してい

  •  0
  •  0

947: アオゲラ

 浄慶寺の駐車場にいたら、後ろから小さな

  •  2
  •  0

946: 2015年紅葉1

 今年も浄慶寺の紅葉のシーズンとなった。

  •  0
  •  0

945: プロフィール

 10月ともなると、さすが寄ってくる蚊もい

  •  0
  •  0

944: 困ったなぁ、羅漢さん

 10月ともなると、陽がかなり傾いてくる。

  •  0
  •  0

943: ホトトギスと馬頭観音

 10月になるとホトトギスが咲き出す。 こ

  •  0
  •  0

942: 多摩川での夕陽

久々に多摩川へいってみました。10月にして

  •  0
  •  0

941: 小僧さん達

 秋に入ると、木々の葉が落ちて木漏れ陽が

  •  0
  •  0

940: 四季桜

浄慶寺の駐車場脇に、四季桜とか彼岸桜とか

  •  0
  •  0

939: 平柿

 ここは、柿生(かきお)という町です。 

  •  0
  •  0

938: 彼岸花とお地蔵さん

毎年、この時期に見ている風景。すらっと伸

  •  0
  •  0

937: 2015年新羅漢さん2

 こちらは珍しく彩色がしてありますが、8

  •  0
  •  0

936: 2015年新羅漢さん1

 浄慶寺の羅漢さんは、2015年の今年も仲間

  •  0
  •  0

935: 額紫陽花とテントウ虫

 よく見れば額紫陽花が、咲いていた。 た

  •  0
  •  0

934: 2015年の紫陽花 1

近所の紫陽花に白い花が目につくようになっ

  •  0
  •  0

933: 2015 _新緑

浄慶寺から柿生駅に向かう途中にちょっとし

  •  0
  •  0

932: 満開の桜

いやいや、多忙でちょっと油断していたら、

  •  0
  •  0

931: 梅と桜のコラボレーション

梅がギリギリまで頑張ったのか、それとも桜

  •  2
  •  0

930: 2015_桜咲く

彼岸桜を除けば、このあたりでトップを切る

  •  0
  •  0

929: ボケの花

ボケだと思う。それこそ、こっちがボケっと

  •  0
  •  0

928: 春本番へ

ここのところの暖かさで、花々の動きが急に

  •  0
  •  0

927: しだれ紅梅

近所の紅梅のしだれ梅。この梅が咲くと、い

  •  0
  •  0

926: 薦被り地蔵さん

町田市三輪の高蔵寺には六地蔵さんがいる。

  •  0
  •  0

925: 紅梅と菜の花

 ここは、この時期になると毎年のように訪

  •  2
  •  0

924: 高蔵寺の雷神・風神像

暖かな陽差しに誘われて、久々に三輪の散歩

  •  0
  •  0

923: 紅梅越しに、秋葉神社を望む

 浄慶寺裏山の紅梅もそろそろ散り始めてい

  •  0
  •  0

922: 白梅、咲く

浄慶寺の裏山の白梅が咲き出した。まだほん

  •  0
  •  0

921: 円弧を描く

壁の隙間から生えてきた草。枯れても、その

  •  0
  •  0

920: 2015_紅梅1

毎年のことだが、浄慶寺の裏山の梅は紅梅が

  •  0
  •  0

919: 2015_蝋梅

 寒い・寒いと言っているうちに、ロウバイ

  •  0
  •  0

918: 1対3

沖に向かっているのが三艘。そして陸に向か

  •  0
  •  0

917: 荒れる直前は

 真鶴半島の尾根道とも言える場所から見た

  •  0
  •  0

916: 神社の幟

元旦の貴船神社。三々五々、お参りする人が

  •  0
  •  0

915: 海原のお絵かき

 日常的に海を見ることがないので、ちょっ

  •  0
  •  0

914: スポットライト

2015年  賀 正バリバリと日々更新するよ

  •  0
  •  0

913: あのさぁ。

 とボソボソと相談。 2014年の年末に行わ

  •  2
  •  0

912: あはは、葉。

 紅葉もお終いである。 葉がパラパラと散

  •  0
  •  0

911: 最後の紅葉

 いよいよ、紅葉も終わりである。ついでに

  •  0
  •  0

910: Merry Christmas

 更新がままならぬ当ブログ。 それでも飽

  •  0
  •  0

909: 黄葉と十三塔

この木は紅葉にならず、黄葉のようだ。これ

  •  0
  •  0

908: 最後の1枚はいつになるのかな。

 前夜の天気予報が、午後からは雲が張り出

  •  0
  •  0

907: ハンサム羅漢さん

 何の気の迷いか、単焦点レンズを1本ポチ

  •  0
  •  0

906: 2014_紅葉2

気がつけば、12月もあと半月余りとなった。

  •  0
  •  0

905: 山頂の三石仏

 浄慶寺の裏山を散策道に沿って登っていく

  •  0
  •  0

904: カラフルに

 どうして、こうなるの? 的な色合い。 

  •  0
  •  0

903: 2014_紅葉1

 予定通り浄慶寺に行ってきました。 カメ

  •  0
  •  0

902: ススキ

 こちらは山茶花のある場所から、気持ち離

  •  0
  •  0

901: 花びら1枚

 この時期、木いっぱいに花をつけている山

  •  0
  •  0

900: 秋の足裏地蔵さん

 やっと夏の暑さが無くなると思ったら、日

  •  2
  •  0

899:

 暑中お見舞い申し上げます。 なかなか更

  •  0
  •  0

898: 困ったなぁ II

 この紫陽花のシーズン、この羅漢さんに花

  •  0
  •  0

897: 2014_紫陽花_04 額紫陽花2

早いもので、いよいよ額紫陽花の出番となっ

  •  0
  •  0

896: お地蔵さんと紫陽花

この位置に咲く紫陽花をバックにしてお地蔵

  •  0
  •  0

895: 石灯籠と紫陽花

石灯籠の空いているスペースに紫陽花の花が

  •  0
  •  0

894: 2014_紫陽花_03 額紫陽花

こんな場所にこんな額紫陽花があったかなぁ

  •  0
  •  0

893: 2014ニューフェイス羅漢さん

気がつけば、ニュー羅漢さんも登場していま

  •  0
  •  0

892: 2014_紫陽花_02

青から紫系の紫陽花も、調子よく咲いていま

  •  0
  •  0

891: 2014_紫陽花_01

  •  0
  •  0

890: 2014 タイ・フェス

 毎年、この時期に行われるタイ・フェステ

  •  0
  •  0

889: かきまるくん

歩いていて、ふと顔を上げると電柱にこんな

  •  0
  •  0

888: 開襟仏

 この羅漢さんは、なかなか上手に撮れない

  •  0
  •  0

887: シャガの花

 なぜか、この花を見ると5月GWを終わっ

  •  0
  •  0

886: 門柱

 まだ4月半ばを回っただけだというのに、

  •  0
  •  0

885: 白く華麗な花

 この花、さてなんという名前の花だろうか

  •  2
  •  0

884: 菜の花と農作業

いよいよ菜の花が終わりに近づいている。先

  •  0
  •  0

883: 綿帽子

道端にタンポポが咲いているなと気がついて

  •  0
  •  0

882: 花の寺

 しだれ桜があって、ミツバツツジが咲き誇

  •  0
  •  0

881: 八重桜

 ここの八重桜が咲くと、地元の桜花シーズ

  •  0
  •  0

880: そら 2

 この日の朝、よく空を見上げていた。 山

  •  0
  •  0

879: 案内図通り

 ここは北杜市・小淵沢にある三峰の丘。 

  •  0
  •  0

878: 甲斐駒ヶ岳と蔵

 集落の向こうに南アルプス・甲斐駒ヶ岳が

  •  0
  •  0

877: そら

土日を利用して、ちょっと山梨・信州へ。11

  •  2
  •  0

876: トンと手をたたくと

うん、今日は、お花見日和じゃないか。と、

  •  0
  •  0

875: 花びらの道

 ソメイヨシノが散っていく。 そして山道

  •  0
  •  0

874: 新緑

 一気に、冬から新緑の季節へ飛ぶみたいな

  •  0
  •  0

873: 柿生の里山

元々ここは家があった。詳しい事情はわから

  •  0
  •  0

872: 大根の花とハナダイコン(ムラサキハナナ)

このところの暖かさで、一気に花が咲き始め

  •  0
  •  0

871: 2014_桜咲く4

 桜というとソメイヨシノばかりが、もては

  •  0
  •  0

870: 夕焼け小焼けで、日が暮れて

住宅街に囲まれた一角の畑。その向こうに陽

  •  2
  •  0

869: 麻生川の桜

いやー、咲きました咲きましたと、誰か舞わ

  •  0
  •  0

868: 2014_桜咲く3

 浄慶寺というか秋葉神社横の桜が満開。 

  •  0
  •  0

867: 富水の菜の花畑

 小田原付近の富水といえば、箱根の外輪山

  •  0
  •  0

866: タチツボスミレと水仙

 この小さく淡い紫色の可憐な花が、タチツ

  •  0
  •  0

865: 2014菜の花まつりポスター

終わってしまってから撮るのもなんだよなぁ

  •  0
  •  0

863: 桃花

 鴨を撮った場所から、少し離れたところに

  •  0
  •  0

864: 2014_桜咲く 2

本当に暖かくなりましたねと、最近とみに交

  •  0
  •  0

862: かも

 時間を作って、ちょっと小田原方面へカメ

  •  0
  •  0

861: 水仙と

ここ数年、この場所に決まった花が指定席の

  •  0
  •  0

860: ひょこっと

暖かい日が続いたので、花たちが咲き出して

  •  0
  •  0

859: 2014_桜咲く

あれから1週間以上経ってしまったので、ど

  •  0
  •  0

858: 塔とお寺

 今日は、北風が強く吹き体感温度は2度前

  •  0
  •  0

857: 2014_紅梅6

 いよいよ、紅梅の花も終わり始めた。 と

  •  0
  •  0

856: しだれ梅を眺めながら

 ここ数日の暖かさで、残っていた梅の花が

  •  0
  •  0

855: 白梅&紅梅

 浄慶寺の境内というか、本堂前は周囲から

  •  0
  •  0

854: 2014_紅梅5

こちらは、現代のズームレンズでとったもの

  •  0
  •  0

853: 2014_紅梅4

 バックの紅色は、前日にアップした入り口

  •  0
  •  0

852: 浄慶寺入り口の紅梅2

 今が盛りとばかりに咲き誇っている。 ち

  •  0
  •  0

851: 水仙

総当たり戦のその3です。このレンズの特性

  •  0
  •  0

850: ふきのとう

 ちょっと観察するのをサボっていたら、芽

  •  0
  •  0

849: 梅とみかん

 春らしい日差しがやってきた。 いや~、

  •  0
  •  0

848: 2014_椿

 年度末ということもあって、仕事が多忙。

  •  0
  •  0

847: みずくさ

 こないだ見た時には、こんなの生えていな

  •  0
  •  0

846: 梅にメジロ

梅の木にメジロが来ていた。蜜を吸うのに忙

  •  0
  •  0

845: 2014_白梅1

 雪が降って、寒い寒いと言っているうちに

  •  0
  •  0

844: 浄慶寺入り口の紅梅

 先日の雪も、日陰のごく一部に残るだけと

  •  0
  •  0

843: しずく II

 雪が降って1週間。 寒い日が続いている

  •  0
  •  0

842: わぉ、読めへんで

 き、き、経典が、雪に埋もれてみえへんで

  •  0
  •  0

841: 雪と紅梅

 浄慶寺入り口の前の紅梅が綺麗に咲き始め

  •  0
  •  0

840: 埋もれて、アジャパー!

 雪が降った。しかも2週連続で。 雪が上

  •  0
  •  0

839: バレンタイン降雪

 先週の8日に続いて、降雪である。 パウ

  •  0
  •  0

838: しずく

 先日降った雪が溶けていく。 時々、庇か

  •  0
  •  0

836: 七面山の紅梅

 高蔵寺の真向かいは、七面山。 以前にも

  •  0
  •  0

835: 紅白の万両

 千両の実って、ずっーと赤しかないと思っ

  •  0
  •  0

837: 雪帽子

 雪が降っている。 狼少年ではないが、来

  •  0
  •  0

834: 六地蔵

 高蔵寺境内にある六地蔵は、冬になると傘

  •  0
  •  0

833: 蝋梅と雷神

 午後の暖かな日差しに誘われて、岡上の高

  •  0
  •  0

832: 山茶花、一輪

 この時期にしては、珍しく氷が張っていな

  •  0
  •  0

831: 2014_紅梅3

 紅梅が咲いていた。この土日月の暖かさで

  •  0
  •  0

830: 梅とヤマバト

 梅の花にウグイスは、花札。 梅の花にメ

  •  0
  •  0

829: わいわい・ガヤガヤ

 この時期は、葉が落ちて木々の間からこぼ

  •  0
  •  0

828: ロウバイも絶好調、開花中

 蝋梅も絶好調! と言っても差し支えない

  •  2
  •  0

827: 浄慶寺、2月の境内

ここ数日、暖かい日が続いているので、堅か

  •  0
  •  0

826: 小僧さん達

 秋葉神社から降りてくれば、そこは浄慶寺

  •  0
  •  0

825: 七福神

 浄慶寺に七福神像がおかれてからそこそこ

  •  0
  •  0

824: 木々の隙間から

 風が強くて遠くある山々が、近くにあるよ

  •  0
  •  0

823: 2014_紅梅2

 さ、寒い。 玄関先に出た時は、そうでも

  •  0
  •  0

821: 2014_紅梅1

 紅梅は、どうかなと思って探してみると…

  •  0
  •  0

820: 2014_蝋梅2

 気を取り直して、撮り直しに出かけてきま

  •  0
  •  0

822: 小僧さん達

 浄慶寺の入り口近くにある石仏。 かわい

  •  0
  •  0

819: 青い海と赤い灯台

 真鶴港の入り口に設置されている灯台(標

  •  0
  •  0

818: 厄除厄祓門

去年は、こんなものあったけなぁ? と目に

  •  0
  •  0

817: 2014_蝋梅1

 浄慶寺では、年が明けると真っ先に先に咲

  •  0
  •  0

816: 2014_貴船神社

 どうして神社に階段は、つきものなのだろ

  •  0
  •  0

815: 2014年 謹賀新年

 2014年 あけまして おめでとうございま

  •  0
  •  0

814: 初冬の風景

 浄慶寺に訪れる人々も、めっきり少なくな

  •  0
  •  0

813: 柿と寺のまち

 いつの頃か『柿と寺のまち』というコピー

  •  0
  •  0

812: のこり紅葉

 ここのところの風で、木々は丸裸になった

  •  0
  •  0

811: ビルの隙間からの日没

 マンションに挟まれた隙間からの日没。 

  •  0
  •  0

810: ワハハ羅漢さんと紅葉

 ワハハと笑っているうちに秋になってしま

  •  0
  •  0

809: 2色もみじ

 もみじが、とってもきれい。 いつもの繰

  •  0
  •  0

808: のこり柿

 秋も終わって、いよいよ冬だなぁと感じさ

  •  0
  •  0

807: いくつ目かの願い

 私たちは、いろいろなものに“願っている”

  •  0
  •  0

806: ススキ

 この時期というか、雨が降った直後以外は

  •  2
  •  0

805: 黄と赤

 1本の木を境目にして、赤色と黄色が分け

  •  0
  •  0

804: 2013_紅葉2

 過日、島倉千代子さんが亡くなった。 古

  •  0
  •  0

803: 菊花 II

下にアップした菊花のその後の姿である。花

  •  0
  •  0

802: 2013_紅葉1

急に寒くなったもので、山も里も一斉に黄葉

  •  0
  •  0

801: 菊花

 この菊は、地べたに這うとまではいかない

  •  0
  •  0

800: くの字

 浄慶寺の庭から秋葉神社へ抜ける階段は、

  •  0
  •  0

799: 先祖返り

 畑の周囲を彩るように菊の花が植えられて

  •  0
  •  0

798: 羅漢さんと落ち葉

 ここのところ急に寒くなって、12月下旬の

  •  0
  •  0

797: 頼岳寺のお地蔵さん

 頼岳寺の山門前に立つお地蔵さん。 由来

  •  0
  •  0

796: 岳頼寺山門

 諏訪湖周辺には、多くの社寺仏閣が点在し

  •  0
  •  0

795: すずらんの橋飾り

 JR中央線で山梨県を通り抜け長野県に入

  •  0
  •  0

794: 釈迦堂PA

10月の三連休を利用して、ちょっと山梨方面

  •  0
  •  0

793: 忠’ちゃん

 手作り感の溢れる看板である。 駅裏(表

  •  0
  •  0

792: ピンクの花

 陽が西に傾きかけると、花びらが生き生き

  •  0
  •  0

791: 浮かぶ雲

  なんとなく遠出をするには出遅れてしま

  •  0
  •  0

790: 観音さま

 浄慶寺のお庭前に、いらっしゃる観音様。

  •  0
  •  0

789: 出遅れ組

 まぁ、彼岸花が遅れたのはわかる。 その

  •  0
  •  0

788: 緑色のもみじ

 緑豊かな、もみじの葉。 あと2ヶ月もす

  •  0
  •  0

787: 顔をのぞかせて

 木の柵の合間から、花だけをちょっこと覗

  •  0
  •  0

786: 2013_彼岸花3

 1週間遅れ……。 柿生駅から浄慶寺に向か

  •  0
  •  0

785: キバナコスモス

 透過光で見る花びらは、美しい。 元々の

  •  0
  •  0

784: 2013_彼岸花2

 こんな風景が、昔は柿生にもあったんだけ

  •  0
  •  0

783: 「真っ赤ちん」って、知っている?

先週末は(今週の頭か)台風18号の影響で、

  •  0
  •  0

782: 2013_案山子

ここを歩くのも随分久々だった。道の入り口

  •  0
  •  0

781: 2013_彼岸花

この花を見るたびに、律儀な花だなと思う。

  •  0
  •  0

780: HDR機能

 最近、カメラについているHDRという機能

  •  0
  •  0

779: 夕焼け

今日は台風で1日中動けないかなと思ってい

  •  2
  •  0

778: 今年も見かけた注意報

今年の夏は暑くて暑くて旅行に行った以外、

  •  0
  •  0

777: 埋もれ始めた羅漢さん

暑中お見舞い申し上げます。浄慶寺境内の草

  •  0
  •  0

776: 新・三羅漢さん

 設置された時期は同じなのに、はやその風

  •  0
  •  0

775: わはは羅漢さん

 わはは、わはは。 と、笑う門に福来たる

  •  0
  •  0

774: 蓮花のつぼみ

 浄慶寺の蓮田は、かわいい。 なもので、

  •  0
  •  0

773: 気がつけば…

はや7月も終わろうとしている。紫陽花は、

  •  0
  •  0

772: 2013年 紫陽花13

 そろそろ終わりに近づいた浄慶寺の紫陽花

  •  0
  •  0

771: 2013年 祈り

 境内に足を踏み入れたら、ちょうどこの羅

  •  2
  •  0

770: 2013年 紫陽花12

 さて、約一週間ぶりの定点観察している紫

  •  0
  •  0

769: 2013年 紫陽花11

 額紫陽花シリーズって、いつからシリーズ

  •  0
  •  0

768: 2013年 紫陽花10

 こちらの額紫陽花はブルー。 紫陽花の花

  •  0
  •  0

767: 2013年 紫陽花9

 いよいよ額紫陽花の色が深まり、シーズン

  •  0
  •  0

766: 酒呑み羅漢さんと紫陽花

 ファインダーからはもう見ることが出来な

  •  0
  •  0

765: 2013年 紫陽花8

 定点観察している紫陽花。 さすがに日当

  •  0
  •  0

764: 2013年 紫陽花7

 境内を歩いていると、所々で変わった紫陽

  •  0
  •  0

763: 2013年 紫陽花6

 今週は台風3号の影響で、ちょっとした長

  •  0
  •  0

762: 2013年 紫陽花5

 ちょっと遅れてしまいましたが、先週金曜

  •  0
  •  0

761: 2013年新羅漢さん登場

 毎年5月になると浄慶寺には、新羅漢さん

  •  2
  •  0

760: 2013年 紫陽花4

 過日、ヘリオス-40-2 85mmF1.5というレン

  •  0
  •  0

759: 2013年 紫陽花3

 昨夜、ひと雨降って、落ち着いた感じがす

  •  0
  •  0

758: 額紫陽花

 ♪ いつものように幕が開き 恋の歌 う

  •  0
  •  0

757: 2013年 紫陽花2

さて、紫陽花のシーズンとなると毎年同じよ

  •  2
  •  0

756: 2013年 紫陽花1

今年は、梅雨入りが5月29日と早かった。今

  •  0
  •  0

755: 藤の花

 5月になると各地で「藤祭り」が行われる

  •  0
  •  0

754: 新府・桃源郷1

 山梨県韮崎市にある、新府・桃源郷。 甲

  •  0
  •  0

753: 富水の菜の花畑2

 富水といえば、もうすぐそこに箱根の外輪

  •  0
  •  0

752: 富水の菜の花畑

小田急線の小田原近くに「富水(とみず)」

  •  0
  •  0

751: ゆれる眼差しならぬ花たち

 フラフラとして、さだまらぬものなり。 

  •  0
  •  0

750: 八重桜

 ソメイヨシノとバトンタッチするように咲

  •  0
  •  0

749:

 蔵だろうなぁ…と思わせる造り。 過日、

  •  0
  •  0

748: ダイコンの花 II

 春の嵐が去った後は、残り風と塵一つない

  •  2
  •  0

747: のらぼう菜

 この辺りの直売所で、最近よく見かけるよ

  •  0
  •  0

746: 古代龍の顔

 環境センターに一角にある木のオブジェ。

  •  0
  •  0

745: 桜、菜の花

 小高い丘(というよりも盛り土の上と言っ

  •  0
  •  0

744: 桜と新緑

 昨日アップしたものは、一番最初に目に入

  •  0
  •  0

743: 新緑と桜

 例年ならば、桜花が終わった頃に芽吹くの

  •  0
  •  0

741: グミの花

 本当の名称はわからない。勝手にグミの花

  •  0
  •  0

740: つばき

 今年は桜の開花が早くて、他の花たちが遅

  •  0
  •  0

742: 山の彩り

 普通は、新緑の頃は、桜は散っていること

  •  0
  •  0

738: 本格的な春へ

 今年は、こぶしの花が咲きかけた頃に大風

  •  0
  •  0

739: 春のお地蔵さん

桜が咲いて、新芽も出て、春の到来を告げる

  •  0
  •  0

737: 2013年 さくら咲く4

 前日の冷たい日から一転して、春らしい陽

  •  0
  •  0

736: 社と桜

 神社独特のこの造りが、なんともいえない

  •  0
  •  0

735: 代田八幡神社

 通称、環七通りの真横にある代田八幡神社

  •  0
  •  0

734: アジャパー小僧さん

 なんとも憎めない姿をしている小僧さん。

  •  0
  •  0

733: ホームセンター

 3.11震災の前から計画されていたホームセ

  •  0
  •  0

732: 水仙

 もう、なんの手法も考えないで撮ったもの

  •  0
  •  0

731: ホトケノザ

 畑の横に、抜かれずに留め置かれているホ

  •  2
  •  0

730: ダイコンの花

この色の花をみると、桜を見た時とは違った

  •  0
  •  0

729: ちょっと一服

 暖かい春の陽射しを受けながらの一服。 

  •  0
  •  0

728: 木瓜の花3

 いつもは目をやるだけで終わってしまうボ

  •  0
  •  0

726: 夢中

 あまりに一生懸命に本を読んでいると、後

  •  0
  •  0

727: 2013年 さくら咲く3

いよいよ本格的に桜が咲き始めた。この木と

  •  0
  •  0

725: 木瓜の花2

 3月半ばなのに気分は、4月中旬みたいだ

  •  0
  •  0

724: 2013年 さくら咲く2

 連日の温かさに誘われるように桜の開花が

  •  0
  •  0

723: 木瓜の花

 ここのところ急に暖かなって春の陽気とな

  •  0
  •  0

722: つくし

 つくしん坊。 つくしを漢字で書くと「土

  •  0
  •  0

721: 2013年 さくら咲く1

 ここのところ、まるでジェットコースター

  •  0
  •  0

720: ふきのとう

 地表に散った梅の花びらを探していたら、

  •  0
  •  0

719: 2013年 浄慶寺の紅梅5

 春の嵐のような日を越えた浄慶寺の紅梅。

  •  2
  •  0

718: 松田山のお花見

 この日、全国的に気温が上がり、3月とし

  •  0
  •  0

717: 世田谷代田のお稲荷さん

 東京都世田谷区といえば、山手の高級住宅

  •  0
  •  0

716: 梅三昧

 やはり春の色は桜を別格にすれば、これが

  •  0
  •  0

715: 群れず、離れず

 浄慶寺の池の周囲には、この時期は水仙が

  •  0
  •  0

714: 凜と一枝_紅梅

こちらの花たちは、流れに逆らわず枝の先に

  •  0
  •  0

713: 凜と一枝_白梅

 周りを木々に囲まれているので、木々の間

  •  0
  •  0

712: 春に奏でる

 今年は、浄慶寺の水仙の開花が少し遅いよ

  •  0
  •  0

711: 2013年 浄慶寺の紅梅4

 浄慶寺の紅梅は、今が旬。 さすがに日当

  •  0
  •  0

710: 白梅咲く

 冬眠から目覚めたようで、多少の寒さもな

  •  0
  •  0

709: 福寿草

 寒い北風から身を守るように地表近くに咲

  •  0
  •  0

708: 2013年 浄慶寺の紅梅3

 広角気味で撮るとどうしてもまばらになっ

  •  0
  •  0

707: 里山

 木々はまだ裸のままだが、紅梅がきれいに

  •  0
  •  0

706: 酌み交わす

 今日は3月中旬から下旬並みの温かさ。 

  •  0
  •  0

705: 南天の葉 3

 相変わらず「南天の葉」である。 これも

  •  0
  •  0

704: 南天の葉 2

 冠言葉に「国産初のズームレンズ」とつく

  •  0
  •  0

703: 南天の葉

 相変わらず柔らかめの写真を撮っている。

  •  0
  •  0

702: ねがい

 デジタルカメラでの撮影は、新しい機能も

  •  0
  •  0

701: 2013 春の雪

 今年は、よく雪の降る年のようだ。 朝、

  •  0
  •  0

700: 道祖神

 創作版、道祖神と言うべきなのか。 童の

  •  0
  •  0

699: 2013年 浄慶寺の紅梅2

いつも思うのだが、枝近くに固まるように咲

  •  0
  •  0

698: 2013年 浄慶寺の紅梅1

 寒い寒いと言っているうちに、春の足音が

  •  0
  •  0

697: 春のめばえ

 寒い冬は、一面枯れ色ばかりと思っていた

  •  0
  •  0

696: 江ノ浦港

普段は、江ノ島などの湘南海岸から西を眺め

  •  0
  •  0

695: 光る海

 春の陽射を受けて海が、光っていた。 見

  •  0
  •  0

694: ロウバイ

 薄い花びらの様子が、まるで蝋細工のよう

  •  0
  •  0

693: 臘梅と羅漢さん

 浄慶寺の入り口近くに臘梅が咲いている。

  •  0
  •  0

692: 一滴一滴

たとえ小さな一滴一滴ずつでも、少しずつ溢

  •  0
  •  0

691: あま酒

 薬師池公園にある、やくし売店。 日よけ

  •  0
  •  0

690: キンクロハジロ

今、町田市の薬師池公園内にある町田市フォ

  •  0
  •  0

689: 見晴台

 爽やかな季節だったら、このオープンスペ

  •  0
  •  0

688: 津波避難情報

 一連の大震災からという訳でもないだろう

  •  0
  •  0

687: 初釣り

 元旦は、午後になると少し風が強かった。

  •  2
  •  0

686: 真鶴半島三ツ石

 真鶴半島先端に位置する三ツ石。 しめ縄

  •  0
  •  0

685: 貴船神社_4

 本殿に掲げられていた「つもりちがい十ヶ

  •  0
  •  0

684: 貴船神社_3

 こちらが貴船神社の本殿。 思っていた以

  •  0
  •  0

683: 貴船神社_2

こちらは、帰りがけに撮ったものだが、かな

  •  0
  •  0

682: 貴船神社_1

 今年の元旦は、元旦らしく神社へ行ってき

  •  0
  •  0

681: 佐奈田霊社の狛犬

 写真を整理する時間がなくて、アップする

  •  0
  •  0

680: 反り返って

 太陽を一杯浴びながら春を待っている童。

  •  0
  •  0

679: 雪の中の足裏地蔵さん

 斜めから陽が当たって暖かそうなお地蔵さ

  •  0
  •  0

678: 雪の降った後に

 初雪がドカ雪になってしまった2013年1月

  •  0
  •  0

677: 佐奈田霊社

 今年は珍しく海辺近くで、年末年始を迎え

  •  0
  •  0

676: 2013年 あけましておめでとうございます

 2013年 明けまして おめでとうございま

  •  0
  •  0

675: 星に願いを

 イルミネーションを撮っている近くに宝く

  •  0
  •  0

674: 2012_新百合ヶ丘イルミネーション1

 12月もそろそろ半ばになろうとしている。

  •  2
  •  0

673: 12月の紅葉

 先ほどまで北風が舞い、大粒の雨も落ちて

  •  0
  •  0

672: 2012_麻生川沿いの紅葉

 昨日は、すっきりとした晴れだったのに、

  •  0
  •  0

671: 柿の実

 いつもは、明るい部分が飛ばないようにと

  •  0
  •  0

670: りっすん つう …

 木々の間から、西日が差し込んでくる。 

  •  0
  •  1

669: ほほえみ

 もう光は、冬の光になってきた。 3時を

  •  0
  •  1

668: 2012_秋_もみじ

流行り物には疎いのだが、先々週から風邪を

  •  0
  •  0

667: 銀杏と五重塔

 川崎大師本堂脇に五重塔がある。 ちょっ

  •  0
  •  0

666: 川崎大師境内

 同じ市内に住んでいながら川崎大師に行っ

  •  0
  •  0

665: お大師さまのことば

 川崎大師境内の掲示板にあったことば。 

  •  0
  •  0

664: ヒンズー形式・クメール形式?

 車で川崎駅をかすめるようにして、アクア

  •  0
  •  0

663: 柿の木

 気がつけば、もう11月になってしまった。

  •  0
  •  0

662: 稲干し

 三輪の谷戸を抜けると、そこは寺家ふるさ

  •  0
  •  0

661: 並ぶかかし達

三輪の谷戸歩き。もうお米は取り込まれてし

  •  2
  •  0

660: 無人スタンド・良心市

 三輪の散歩道の一角に、無人スタンドがあ

  •  0
  •  0

659: 夕焼け・小焼けで、日が暮れて

 今日、久々に三輪の方へ散歩に行きました

  •  0
  •  0

658: 四季桜

 夕方、散歩がてらに浄慶寺へ行ってみた。

  •  0
  •  0

657: 柿と消火栓

 昨日に引き続き、山梨県北杜市で見かけた

  •  2
  •  0

656: 北杜市で、秋

 週末、山梨にいます。 という山梨の観光

  •  0
  •  0

655: 2012_彼岸花 2

 群生する彼岸花。 バックが色ボケまでボ

  •  0
  •  0

654: 2012_彼岸花

 この花をみると「ああ、夏が終わったな」

  •  0
  •  0

653: 彼岸のサッカー羅漢さん

 今年は9月に入っても暑い日が続いたため

  •  0
  •  0

652: 懐かしい「書体」

長野電鉄 湯田中駅前。まぁ、がらんとして

  •  0
  •  0

651: 思い出はここ

 昭和ティストの溢れる街だけれど、それか

  •  0
  •  0

650: 街中図

 古くからある温泉街。 結構な数の宿があ

  •  0
  •  0

649: お出迎え

 特急電車が着く頃になると各旅館から、お

  •  0
  •  0

648: 湯田中温泉

 はじめて、湯田中温泉へ行った。 昭和テ

  •  0
  •  0

647: モニュメント

 信州、湯田中温泉の近くにある夜間瀬川岸

  •  0
  •  0

646: 豊穣の秋へ

 夏の暑い時期は、散歩がままならず、少し

  •  2
  •  0

645: 半身浴?

 ここのところ、まともに雨が降っていない

  •  4
  •  0

644: 随神門というのだろうか?

 明らかにお寺でいえば、山門だろう。 神

  •  0
  •  0

643: カラスに告ぐ

 根津神社境内で、見かけた立て看板。 た

  •  0
  •  0

642: 神社なのに“卍”

 卍といえば、地図記号で“お寺”を意味する

  •  0
  •  0

641: 根津神社 本殿

 こちらが本殿。 なんかパースがヘンだ。

  •  0
  •  0

640: 茅の輪

本殿入り口に、大きな茅の輪。-以前、柿生

  •  0
  •  0

639: 鳥居

 ちょっと気になっていた根津神社へ行って

  •  0
  •  0

638: 地に落ちた看板

 地に落ちた看板。 落ちたのが物理的な看

  •  0
  •  0

637: 埋もれる羅漢さん

 山門入り口から、移動してきた羅漢さんた

  •  0
  •  0

636: 足裏地蔵さんと紫陽花

 足裏地蔵さんに紫陽花の花が、添えられよ

  •  0
  •  0

635: 円熟の色

 額紫陽花の“がく”の色が、円熟味を増して

  •  0
  •  0

634: 2012_紫陽花_6

6月の最終日。早々から咲き誇ってきた参道

  •  0
  •  0

633: お地蔵さまと紫陽花

 もし伝統的なスタイルがあるとしたら、お

  •  0
  •  0

632: 八重の額紫陽花

 一口に紫陽花と言っても、多種多様な花が

  •  0
  •  0

631: 額紫陽花は・・・

 額紫陽花・・・あーでもない、こーでもない

  •  0
  •  0

630: 2012_紫陽花_5

 季節外れの台風4号は、各地に多くの被害

  •  0
  •  0

629: 弱ったなぁ・・・

 アジサイの花が、開花して重くなり段々と

  •  0
  •  0

628: 開放の味

 今回、定点観察というか、開花状況に使っ

  •  0
  •  0

627: 青もみじ

 秋葉神社の境内を覆うもみじ葉の“みどり”

  •  0
  •  0

626: すかし模様

 額紫陽花を下から見る。 重なり合うとこ

  •  0
  •  0

625: 2012_紫陽花_4

 梅雨の晴れ間は今日までで、明日からまた

  •  0
  •  0

624: 2012_紫陽花_3

 ひと雨ごとに、色が濃くなっていく紫陽花

  •  4
  •  0

623: 純白の雲

 土曜日は、前線の影響で雨また雨の日であ

  •  0
  •  0

622: 純白のアジサイ

 染み一つない、初々しいくらいの純白。 

  •  0
  •  0

621: 2012のニューフェース

 お、凛々しいお姿。 気づけば、ニューフ

  •  2
  •  0

620: 2012_紫陽花_2

 季節外れの台風が行った後である。 どん

  •  0
  •  0

618: 2012_紫陽花_1

 やってきました紫陽花の季節が。 そして

  •  2
  •  0

619: 2012 タイフェスティバル1

 毎年、5月のGW開けの次の週末は、タイ

  •  0
  •  0

617: わぉ、読めない!

 今回、桜花の旬のシーズンを浄慶寺には訪

  •  0
  •  0

616: 春色

 桜・桜と上ばかりを見ていたら、足下にも

  •  0
  •  0

615: 交わらず

 そろそろ散り桜になりつつある。 散った

  •  0
  •  0

614: 桜祭り提灯

日中に歩いたものですから、提灯に火が入っ

  •  0
  •  0

613: 桜ロード

 麻生川沿いの桜並木の桜が満開だ。 日曜

  •  0
  •  0

612: お~~い、そこ!

 構えていると、ヒコヒコと入ってどっしり

  •  2
  •  0

611: 2012_桜咲く2

 いつもの春の光景。 どれくらい時期が遅

  •  0
  •  0

610: 2012_桜咲く

 今日午後、浄慶寺を訪問したら桜が咲いて

  •  0
  •  0

609: さて4月になった。

 なにはともあれ4月になった。 こんなに

  •  0
  •  0

608: 相模國分寺塔礎石

 相模國分寺の塔の礎石が残っている。 塔

  •  0
  •  0

607: 相模國分寺遺蹟

 近くまで行きながら、なかなか訪問できな

  •  0
  •  0

606: 色とりどり

一口に梅花といってもいろいろな種類がある

  •  2
  •  0

605: 高蔵寺前の紅梅・白梅

毎年、梅のシーズンを終わってからの訪問で

  •  0
  •  0

604: 2012_紅梅04

  緑(色の文字はつかない)の壁で家が見

  •  0
  •  0

603: 塔のある校舎

 初めて、デジタル一眼レフを買ってからの

  •  0
  •  0

602: 2012_紅梅03

 浄慶寺本堂入り口に飾られていた紅梅。 

  •  0
  •  0

601: おにゅー

 浄慶寺に隣接している秋葉神社。 裏山の

  •  0
  •  0

600: 2012_紅梅02

今日、3月3日は、ひな祭り。旧暦で行う「

  •  0
  •  0

599: 水仙

 浄慶寺では、あまり水仙の花を見かけなか

  •  0
  •  0

598: 2012_紅梅01

 前回訪問してから1週間ほど経った。 そ

  •  0
  •  0

597: ちょっと一献

名酒、“浄慶”をかたむけながら、する話はな

  •  0
  •  0

596: ナチュラル指向

環境への配慮だろうか。階段の手すりは竹製

  •  0
  •  0

595: 2012_臘梅2

 キラキラと周りに散っている花も好きだが

  •  0
  •  0

594: 2012_臘梅1

やっと落ち着いて散歩の出来る生活状態にな

  •  0
  •  0

593: ピンクのイルカ

 ピンクのイルカが、空を舞っていた。 た

  •  0
  •  0

592: 年1回のみの名物

 木賊不動(麻生不動)尊で、開かれる「だ

  •  0
  •  0

591: 人生相談

 神様・仏様じゃないから、人生相談なのか

  •  0
  •  0

590: ダルマさんと一緒

 毎年、境内に店を出すのは決まった業者の

  •  0
  •  0

589: いい顔つきだろう!

 売り手と買い手、旧知のようだった。 今

  •  0
  •  0

588: 奉納されたダルマ

 神様・仏様との契約は、1年ごとの更新。

  •  0
  •  0

587: 2012年だるま市01

 いろいろと事情があってしばらく更新がな

  •  0
  •  0

586: 紅葉一色

 このところの急な寒さで、グズクズしてい

  •  0
  •  0

585: 三色もみじ

 人生いろいろ、もみじも色々。 な、案配

  •  0
  •  0

584: 渦を巻く花のその後

 いよいよもって12月である。 11月半ばか

  •  0
  •  0

583: 朝顔+蜜柑+干し大根=?

 11月もそろそろ終わろうとしているのに、

  •  0
  •  0

582: 1ツ.100円

浄慶寺の近くにある無人野菜販売所。このお

  •  0
  •  0

581: 紅葉 現在進行形

 毎年言っているような気がするが、今年の

  •  0
  •  0

580: 渦を巻く花

 へんな気候が続いている。 冬のような寒

  •  0
  •  0

579: セイタカアワダチソウ

 昨日、関東地方にも「木枯らし1号」が吹

  •  0
  •  0

578: 黄葉の始まり

 また気候がおかしい。 10月下旬なっても

  •  0
  •  0

577: 多摩水道橋

 今日は、午後から天気が回復してきた。 

  •  0
  •  0

576: 横顔

 曼珠沙華が終わって、ちょっと花が途切れ

  •  0
  •  0

575: 紅白曼珠沙華

 曼珠沙華は、人為的に植えられたものが、

  •  0
  •  0

574: 2011 曼珠沙華 4

 秋の3連休をシルバー・ウィークと呼ぶそ

  •  0
  •  0

573: 2011 曼珠沙華 3

 花の命は短くて… ではないが、ほとんど

  •  0
  •  0

572: 小僧さん

 そろそろ木漏れ日を楽しむシーズンともな

  •  0
  •  0

571: 2011 曼珠沙華 2

 樹の影になった場所に咲いていた曼珠沙華

  •  0
  •  0

570: 2011 曼珠沙華

ほわっとした独自の描写は、このレンズの得

  •  0
  •  0

569: 足裏地蔵さん

 今日の日曜日は、昨日と一転して曇り時々

  •  0
  •  0

568: 秋葉山入口

光が差し込む。夏のきつい光と違って、秋の

  •  0
  •  0

567: 秋の到来

 暑さ寒さも彼岸まで。  とは、よく言っ

  •  0
  •  0

566: こんなところに彼岸花が・・・

 ちょこんと、まったく関係なさそうな場所

  •  0
  •  0

565: あちゃー

 お彼岸と言えば、おはぎ。 じゃなくて、

  •  0
  •  0

564: 川岸のコスモス

谷戸沿いに流れる小川の川岸にコスモスが咲

  •  0
  •  0

563: 収穫のシーズン

2ヶ月経っても、まだ暑い日が続きます。日

  •  0
  •  0

562: 青田

 節電やらなんやらで、こっちにいても、全

  •  0
  •  0

561: 写り絵の大黒天

 手水舎(てみずや、ちょうずや)に写った

  •  0
  •  0

560: 2011 紫陽花7

 また間があいてしまいました。すみません

  •  0
  •  0

559: 紫陽花と石灯籠

 このシーズンの日曜日の浄慶寺は、混んで

  •  0
  •  0

558: 時にははれやかに

 紫陽花の花…いえ、花に限らず特別な意図

  •  0
  •  0

557: 新羅漢さん登場!

 今年は新しい羅漢さんは、来ないのかなぁ

  •  0
  •  0

556: 順番に

 額紫陽花も色がつきだした。 下から順番

  •  0
  •  0

555: 2011 紫陽花5

 更新が、ほとんど週一ペースになってしま

  •  0
  •  0

554: 2011 紫陽花4

 シトシト、ジメジメとした梅雨。その雨が

  •  1
  •  0

553: 2010年の紫陽花

 昨年のフォルダを見ていたら、6月9日に

  •  0
  •  0

552: 2011 紫陽花3

 先のアップから1週間と経っていませんが

  •  2
  •  0

551: 台座と獅子

 階段を上っていくと、そこにひらける世界

  •  0
  •  0

550: 2011 紫陽花2

 季節外れの台風2号が過ぎ去った。 今日

  •  0
  •  0

549: 昇り龍

 とうとう関東地方が梅雨入りしたらしい。

  •  0
  •  0

548: 2011 紫陽花1

 今年の紫陽花の状況は、というとご覧の通

  •  0
  •  0

547: 呑べぇ…

 随分と浄慶寺への訪問が、空いてしまった

  •  0
  •  0

546: 水仙と北岳

ここは、山梨県指定天然記念物の大糸桜があ

  •  0
  •  0

545: 関東タンポポ

また間が空いてしまいました。すみません。

  •  0
  •  0

544: 初夏の光

 地元で見つけた風景。 毎日のように通っ

  •  0
  •  0

543: 桜と海

 極楽寺で見たかったのは、成就院参道から

  •  0
  •  0

542: 屋根の向こうは

 先週、撮りたいシーンがあって珍しく平日

  •  0
  •  0

541: 御殿場の春

 たまには、こちらへ来ませんか? と、お

  •  0
  •  0

540: しだれ桜

 日を追うごとに暖かさが増してくる。 今

  •  0
  •  0

539:

 桜の幹が影を落とす。水玉模様のような空

  •  0
  •  0

538: 月と桜

 月と絡めて風景を撮るのは、なんて難しい

  •  0
  •  0

537: 芽吹き

 暖かな気候に誘われて、一気に芽吹きが始

  •  0
  •  0

536: 水仙とさくら

 浄慶寺の裏山は、散策道が通っている。 

  •  0
  •  0

535: 桜満開

 桜が満開だ。 昨日から今日にかけての風

  •  0
  •  0

534: 2011_麻生川の桜2

 今日は日曜日。朝から川沿いが賑わってい

  •  0
  •  0

533: 2011_麻生川の桜

 麻生川ぞい桜が咲き始めている。 このと

  •  0
  •  0

532: 一番桜散り始める

 浄慶寺の一番桜(と、勝手に命名)が、い

  •  0
  •  0

531: 花見で一杯

 浄慶寺境内の桜が、暖かさに誘われて咲き

  •  0
  •  0

530: つばき

 4月になった。 4月と言えば桜花なのだ

  •  0
  •  0

529: 芽吹き

 いつまでも寒い・寒いと思っていたが、自

  •  0
  •  0

528: 御神燈

 能ヶ谷町にある能ヶ谷神社の御神燈。 神

  •  0
  •  0

527: 白菜の花

 能ヶ谷町の一角には、まだ細々ながら畑も

  •  0
  •  0

526: やしろ

 風は真冬のように冷たかったが、日差しに

  •  0
  •  0

525: 2011_ハナダイコン

そろそろハナダイコンも咲きはじめてきた。

  •  0
  •  0

524: 桜咲く

 待ちに待った桜が開花した。 どんなに、

  •  0
  •  0

523: 椿

 やっとこの椿の花が、咲き出した。 この

  •  0
  •  0

522: 梅と菜の花

 ここのところニュースを見て胸が詰まり、

  •  0
  •  0

521: 今、出来ることから

3月14日 17~19時にかけて計画停電が、一

  •  0
  •  0

520: 春への足跡

東北地方太平洋沖地震で、亡くなられた方々

  •  0
  •  0

519: 縁日の日に 5

 世の中の言葉のひとつに「まるで、飴細工

  •  2
  •  0

518: 縁日の日に 4

寒い縁日の日、参道の屋台から立ち上る蒸し

  •  0
  •  0

517: 縁日の日に 3

 男の子に人気のある古典的な縁日のゲーム

  •  0
  •  0

516: 縁日の日に 2

屋台の食べ物にわくわくしていたのは、幾つ

  •  0
  •  0

515: 縁日の日に 1

 先だっての、だるま市で撮っていたものが

  •  0
  •  0

514: 紅白梅

雪が、降っても開花の歩みは進んでいく。浄

  •  0
  •  0

513: 雪と母子観音像

雪が降った翌日の朝は、撮影に出られるほど

  •  0
  •  0

512: しだれ梅と雪

気がつけば、2月も半ばになってしまった。

  •  0
  •  0

511: 2011年だるま市

2年ぶりに麻生不動尊のだるま市に行ってき

  •  0
  •  0

510: 氷漬けの落ち葉

 大寒を迎えて、暦通りの寒い日が続いてい

  •  0
  •  0

509: 2011_紅梅

 早いもので、気がつけば1月も下旬に入ろ

  •  2
  •  0

508: 謹賀新年

 あけましておめでとうございます。 ポチ

  •  0
  •  0

507: 語り合い

 2010年も残すところ、あと2時間少々。 

  •  0
  •  0

506: クリスマスツリー

街の中やスーパーでは、クリスマス気分を盛

  •  0
  •  0

505: マニラ食堂

JR御殿場線の新松田駅前に「マニラ食堂」

  •  0
  •  0

504:

 本殿への階段を上がっていく。 傾いた太

  •  0
  •  0

503: 南大谷天神社

 今年も残すところ20日を切っている。 だ

  •  0
  •  0

502: のぞき見

 秋葉神社の鳥居越しに見る紅葉。 さすが

  •  0
  •  0

501: 落ち葉が1枚

 蜘蛛の糸に引っかかってしまったのだろう

  •  2
  •  0

500: 最後の一葉

嵐のような日があったり、強風が吹いた日が

  •  0
  •  0

499: 2010新百合イルミネーション

 個人宅の小さなものから大都会の巨大なイ

  •  0
  •  0

498: 大和市 極楽寺の紅葉

 歩いていたら、偶然見つけたお寺さん。 

  •  0
  •  0

497: 色、いろいろ

 嵐のような一夜があけたら、紅葉していた

  •  0
  •  0

496: 獅子太鼓

 今春の人事異動ならぬ羅漢異動で、新天地

  •  0
  •  0

495: 紅葉の鳥居

 秋葉神社へ登る階段の途中で、後ろをみる

  •  0
  •  0

494: 足裏地蔵さんと千両 3

 ♪今年もやってきました 暮れのご挨拶~

  •  0
  •  0

493: 紅葉と十三塔

 しばらくお邪魔していなかったら、すっか

  •  0
  •  0

492: 枯葉の小径

 遠くから見ると、小径に沿って紅葉して並

  •  0
  •  0

491: 環境センターの紅葉

 浄慶寺の近くに通称:環境センターという

  •  0
  •  0

490: 都県境

 右と左を隔てる中道派。じゃなくて、はざ

  •  0
  •  0

489: 落ち葉

 このところの冷え込みで、だいぶ紅葉が進

  •  0
  •  0

488: 黄葉・紅葉

 スッキリとした秋晴れならぬ、冬晴れの一

  •  0
  •  0

487: 2010年Xmas_イルミネーション

早いもので、街中はクリスマス・イルミネー

  •  0
  •  0

486: 進む紅葉

 ちょっと仕事が忙しくて、散歩すらできな

  •  0
  •  0

485: カラスウリ

 この時期、陽が山陰に落ちた後は、色が寒

  •  0
  •  0

484: カワセミ再び

 天気の良い日は、川辺を歩くのが楽しい。

  •  0
  •  0

483: 黄葉始まる

 麻生川沿いにある並木。ここの数本が早々

  •  0
  •  0

482: 夕焼け

 久々に夕焼けを見た気がした。 ここの所

  •  2
  •  0

481: メジャー2

 時期はずれの台風14号が、近づいている。

  •  0
  •  0

480: メジャー

 ふと護岸を見たら、メジャーが張ってあっ

  •  0
  •  0

479: 天日干し

 穏やかな秋の日は、天日干しの光景がよく

  •  0
  •  0

478: 四季桜

 実りの秋。だからなのであろうか? 端境

  •  0
  •  0

477: アオサギ

 夕暮れ時に飛んでいる鳥は、このあたりで

  •  0
  •  0

476: 夕暮れ

 この時期は、陽の落ちる速度がまるで加速

  •  0
  •  0

475: オシロイバナ

 太陽の位置が低くなり、長い影が落ち始め

  •  0
  •  0

474: 稲藁ポコポコ

 時間がある時の散歩コースのひとつに、三

  •  0
  •  0

473: 妙福寺山門前の彼岸花

 気がつけば、随分久々の散歩となった。 

  •  0
  •  0

472: 家影

 お彼岸も過ぎて、日が傾くのが早くなった

  •  0
  •  0

471: アゲハチョウと彼岸花

 天候が定まらない。 涼しいを通り越して

  •  0
  •  0

470: 祈りの日々2

  どういう訳だが判らぬが、気になる羅漢

  •  0
  •  0

469:

 遅れていた柿が、色づき始めている。 こ

  •  0
  •  0

468: 彼岸花

 飯能の有名地で開花が遅れていた曼珠沙華

  •  0
  •  0

467: 芙蓉の実

 まるで初冬に撮ったような感じがするが、

  •  0
  •  0

466: ヤマブドウ(?)

 この名称、どうも違うらしい…。 子供の

  •  2
  •  0

465: (黄)バナコスモス

 キバナコスモスと言えば、どこが“黄”バナ

  •  0
  •  0

464: 毘沙門天

 浄慶寺の良い所はいくつかあるが、まずは

  •  0
  •  0

463: 弁財天

 暑い日が、このまま続くのかと思いきや、

  •  0
  •  0

462: アキアカネ

 あまりの暑さに耐えかねて、週末だけでも

  •  0
  •  0

461: ハグロトンボ

 田圃のあるところには、水路もある。 澄

  •  0
  •  0

460: 看板

  青く澄んだ空。 稲穂は頭を垂れて始め

  •  0
  •  0

459: 高石神社

 昔は、隣街とも言えた百合丘。途中に新百

  •  0
  •  0

458: 香る花

 何の花だろうか? 昨年は枯れた姿しか見

  •  2
  •  0

457: 花のあるくらし

 浄慶寺参道入り口にある掲示板。 時折、

  •  0
  •  0

456: 百日紅 2

 去年は全体が写るように引いて撮ってみた

  •  0
  •  0

455: ワッハハ!

 浄慶寺に訪問するのも、また随分と日が空

  •  0
  •  0

454: ヒンズー寺院の装飾

 多民族国家のシンガポールには、インド人

  •  0
  •  0

453: マーライオン

 せっかくの夏休みなので、ちょっと足を伸

  •  0
  •  0

452: 猛暑 お見舞い申し上げます

 暦の上では立秋を過ぎると季語は残暑とな

  •  0
  •  0

451: 竜泉寺の七地蔵?

 ここは、昔から気になっていたお寺さんの

  •  0
  •  0

450: 蓮花

 気がつけば、今日で7月も終わり……。 な

  •  0
  •  0

449: 豊栄稲荷

 所用があって、東京・麹町まで行くことに

  •  0
  •  0

448: 夏本番の気配

 このお地蔵さんの前に、この花が咲き始め

  •  0
  •  0

447: 蓮の花

 ちょっとサボっていたので、本日は2本ア

  •  0
  •  0

446: 2010 紫陽花10

 また、間があいてしまい申し訳ございませ

  •  0
  •  0

445: 紫陽花とノウゼンカズラ

 紫陽花の開花がずれたため、ノウゼンカズ

  •  0
  •  0

444: アジサイ酒を酌み交わす

 毎年このシーズンに見られる光景。 小さ

  •  0
  •  0

443: 2010 紫陽花 9

 なかなかカメラを持って散歩が出来なくて

  •  0
  •  0

442: ミクロワールド

 テレビでの紹介があった週末。 そろそろ

  •  0
  •  0

441: 2010 紫陽花 8

♪しとしと ぴっちゃん しと ぴっちゃん…

  •  0
  •  0

440: 6月17日、浄慶寺から移動中継があるそうです。

 七福神の写真を撮るために浄慶寺に行った

  •  4
  •  0

439: 浄慶寺の七福神

 こちらが今年登場した石仏たちです。 豪

  •  0
  •  0

438: 2010 紫陽花 7

 急に寒いくらい日になったと思ったら、ま

  •  0
  •  0

437:

 義 の2文字に囲まれた場所。幕末史に詳

  •  0
  •  0

436: 2010 紫陽花 6

 たまには、作品づくりをしなければいけな

  •  0
  •  0

435: 額紫陽花1

 浄慶寺には多くの種類の紫陽花が植えられ

  •  0
  •  0

434: 2010 紫陽花 5

午前中は雨、午後は薄日も射してきた。そし

  •  0
  •  0

433: 2010 紫陽花 4

 少し間があきましたが、紫陽花レポその4

  •  0
  •  0

432: 2010 紫陽花 3

今日、久々に太陽を見た気がする。五月晴れ

  •  0
  •  0

431: 2010 紫陽花2

 前の撮影から2日ほどしか経っていないが

  •  0
  •  0

430: 2010 紫陽花 1

 今年も紫陽花のシーズンになりつつある。

  •  0
  •  0

429: 2010ラオスフェスティバル

 先週のタイフェスティバルに引き続いて、

  •  0
  •  0

428: ハクセキレイ

 この日、羽田空港に金属の翼を持つ鳥を見

  •  0
  •  0

427: 2010タイフェスティバル

 毎年、この時期(GW明けの次の週末)に

  •  0
  •  0

426: シャガ

 シャガという花は、そう大きな花ではない

  •  0
  •  0

425: 魚類調査

 多摩川の登戸堰が新しくなっていた。 大

  •  0
  •  0

424: 白い宇宙船

タンポポが咲き終わると、草むらの中に白く

  •  0
  •  0

423: トノサマバッタ?

 季節は、いきなり夏。と言っても良いくら

  •  0
  •  0

422: 腕組みさん

 鴨を撮る前に撮ろうとしていたのが、こち

  •  0
  •  0

421: 隠れ鴨

 ここは、いつも浄慶寺。 池に花はないの

  •  0
  •  0

420: 鯉のぼり

 やっと春らしい気候になった。 というよ

  •  0
  •  0

419: 子地蔵さん

 浄慶寺の入り口付近にいる子地蔵さんたち

  •  0
  •  0

418: 新緑の中の八重桜

 新緑の中で、ひとり悠然と咲く八重桜。 

  •  0
  •  0

417: 緑、萌える

相変わらず天候が安定しない日々が続いてい

  •  0
  •  0

416: 八重桜咲く

 山の桃を楽しんだ日、風邪がぶり返してし

  •  0
  •  0

415: 桃源郷の春

 桃源郷……なんという、うっとりとするよう

  •  0
  •  0

414: 雪と桜 2

 昨日アップしたものより、時間的には前に

  •  0
  •  0

413: 雪と桜

 地元でお花見が充分出来なかったので、少

  •  0
  •  0

412: 小さな鳥居

 いつも通る道だった。 いつの頃からか、

  •  0
  •  0

411: 高蔵寺の六地蔵

 高蔵寺の境内に六地蔵がいる。 高蔵寺と

  •  0
  •  0

410: 浄慶寺本堂と桜

 よく出かけるが、滅多なことでは登場しな

  •  0
  •  0

409: レンギョウ

 春先は、黄色などの目立つ色遣いの花が多

  •  0
  •  0

408: さくら湯(?)

 前日の春の嵐で、折れたのだろう。 どな

  •  0
  •  0

407: シャガの花

 シャガの花って、こんなに咲き始めが早か

  •  0
  •  0

406: お地蔵さんとハナダイコン

 今日は、午前中は曇っていてパッしない天

  •  0
  •  0

405: 沢谷戸自然公園の桜

 桜にも種類が沢山あるのだが、正直に言っ

  •  0
  •  0

404: ハナダイコン

 なんで、この花を、ハナダイコンというの

  •  0
  •  0

403: 菜の花

 以前にもアップしたような写真だが、多少

  •  0
  •  0

402: パックン

 昨秋の名残りが、もう春だというのに頑張

  •  0
  •  0

401: 寒緋桜

 寒緋桜は、こんな感じの桜の樹です。 右

  •  0
  •  0

400: 七面山の桜咲く

 先週は桜の開花には少々早かったので、今

  •  0
  •  0

399: 桜と十三塔

 ここ数日の寒さで、桜の開花がゆっくりと

  •  0
  •  0

398: 50mm f1.2の世界

やはり、春はあけぼの ではないが、トロっ

  •  0
  •  0

397: 里山

 レフレックスレンズで、花や鳥たちと戯れ

  •  0
  •  0

396: 白木蓮

 白木蓮が満開。 いつもの散歩コースから

  •  0
  •  0

395: 蜜を吸う

 菜の花畑には、実生から育てたという沖縄

  •  0
  •  0

394: 500mmレフレックスレンズで、遊ぶ

 10数年ぶりに貸していたレンズが昨年末に

  •  0
  •  0

393: 色とりどり

 グラデーションには成らなかったが、黄色

  •  0
  •  0

392: 葉牡丹とお地蔵さま

 冬の頃は、地表近くで寒さを耐え凌ぐよう

  •  0
  •  0

391: 2010年、さくら咲く

 今月あたまから体調を崩してしまい散歩ど

  •  0
  •  0

390: ふきのとう

 また更新が滞ってしまいすみませんでした

  •  0
  •  0

389: こんな種類があったんだ

 カメラを持って散歩する時は、普段よりも

  •  0
  •  0

388: しだれ紅梅

 暖かい日が続いたと思ったら、冷たい雨が

  •  0
  •  0

387: 夕陽と狛犬

 こんな風景も、この時期だけだろうか。 

  •  0
  •  0

386: 白梅、咲く

 朝、雪が降ったと思ったら、午後からは春

  •  0
  •  0

385: 夕焼け

 お散歩の帰り道。 太陽は丹沢山塊の向こ

  •  0
  •  0

384: 東光院境内

 東光院本堂前には、紅梅の木も植わってい

  •  0
  •  0

383: 東光院山門仁王像

 東光院の山門には仁王像がある。 お寺に

  •  0
  •  0

382: 東光院山門前の紅梅

 春は確実に歩みを進めているようだ。 岡

  •  0
  •  0

381: 落梅花

 まるで、挿したかのように雪の上にあった

  •  0
  •  0

380: 影の形に

 寒い日が続いている。東北・日本海側では

  •  0
  •  0

379: 観音様と水仙

 この観音さまのいるあたりは、この時期、

  •  0
  •  0

378: 三色揃って

 もう単純に配色のおもしろさだけです。 

  •  0
  •  0

377: 2010_白梅

 2週間程、間があいたら白梅が咲き始めて

  •  0
  •  0

376: 本堂前のしだれ梅

 浄慶寺本堂前のしだれ梅が、開花し始めた

  •  0
  •  0

375: Jokeiブランド

 やっと仕事も通常に戻り、落ち着いて散歩

  •  0
  •  0

374: 相撲幟

 時期・期間限定のものはいろいろあるが、

  •  0
  •  0

373: 初っ端から、更新が…

 1月の庭は、意外に賑やかだ。 暮れから

  •  0
  •  0

372: 2010年あけましておめでとうございます

 新年 明けましておめでとうございます。

  •  0
  •  0

371: 水仙

 今年は、やはり暖冬なのであろうか。 水

  •  0
  •  0

370: お出かけ

 やっと夕暮れ時になってから、お散歩へ。

  •  2
  •  0

369: かわせみ

 えー、かわせみです。漢字で書くと翡翠と

  •  2
  •  0

368: コサギ

 小田急線柿生駅付近を流れる川に麻生川が

  •  0
  •  0

367: 銀杏の葉が舞った頃

 ほんの少し、時間を巻き戻してみたい。 

  •  0
  •  0

366: 視点を変えて見れば2

 地表近くのものに、ずずっと近寄って撮る

  •  0
  •  0

365: 視点を変えて見れば

 地表に近いものは、どうしても見下げるア

  •  0
  •  0

364: 足裏地蔵さん2

 このお地蔵さんは、小さい。 普通に撮る

  •  0
  •  0

363: 紅葉と銀杏

 いよいよ紅葉・黄葉も終わりに近づいてき

  •  0
  •  0

362: ドンドン、ドン

 軽い太鼓の音が聞こえる。 ドンドン、ド

  •  0
  •  0

361: 腹に仏を抱く羅漢さん

 以前に撮った時、背景の処理に苦労した割

  •  0
  •  0

360: 黄色の絨毯上で祈る

 12月に入ってしまいました。 今年はなぜ

  •  0
  •  0

359: 旧荻野家住宅の紅葉

 この薬師池公園にも民家が保存されている

  •  0
  •  0

358: 薬師池公園の紅葉

 所用で近くまで行ったので、ここの紅葉は

  •  0
  •  0

357: 高僧?

 本堂前に立つ石像。 お地蔵さんではない

  •  0
  •  0

356: 2009紅葉_2

 秋の浄慶寺は、彩りが豊かだ。 なぜ同じ

  •  0
  •  0

355: 2009紅葉_1

 この連休中は、中日の日曜が冷たい雨の日

  •  0
  •  0

354: 大観覧車

 横浜MM21地区にある大観覧車のイルミネー

  •  0
  •  0

353: 千両

 緑の葉の上に赤で、実がなっている。 こ

  •  0
  •  0

352: もう水仙が…

 秋がこれからやっと終わろうとしているの

  •  0
  •  0

351: 1本だけ紅葉

 ほとんど木が、これから紅葉するというの

  •  0
  •  0

350: Autumn Color

 昨日、車で通りかかったら、目についた紅

  •  1
  •  0

349: 雲の目

 更新が滞りすみません。 急に仕事が多忙

  •  0
  •  0

348: MM21地区の夜景

 めっきりと日が暮れるのが早くなってきた

  •  0
  •  0

347: 困ったなぁ。

 なんか、木の陰に隠れて、問題から逃げ回

  •  2
  •  0

346: 足裏地蔵さん

 足裏地蔵さんの側に、小さな赤い実をつけ

  •  0
  •  0

345: 向こうの光

 尾根道へ登る小道。 本当は向こう側にも

  •  0
  •  0

344: 手を合わせて

 そろそろ晩秋の花たちが咲き始めている。

  •  0
  •  0

343: えっ、つつじ?

 先日から、気になっていた花。 どうみて

  •  2
  •  0

342: 再生

 大きく茂っていた木が切られてしまった。

  •  0
  •  0

341: 合掌

 落葉が始まると、楽しめるものが増えてく

  •  0
  •  0

340: 石塔秋景色

 さて、いつもの浄慶寺だ。 ポチポチと紅

  •  0
  •  0

339: 砲台跡

 丸いコンクリート製の跡。中央部、水のあ

  •  0
  •  0

338: 切り通し

 猿島の中央を走っている道にも、歴史が刻

  •  0
  •  0

337: 煉瓦ぐみの妙

 煉瓦でRを出す。 なんて技なんだろうと

  •  0
  •  0

336: 植物が支配する島 2

 カンボジアのタプロム寺院よりは、破壊が

  •  0
  •  0

335: 植物が支配する島

 連休でもありますので、地元をちょっと離

  •  0
  •  0

334: 狛犬 2

 仁王様ではないが、やはり神社には定番(

  •  0
  •  0

333:

 季節外れの台風18号が過ぎ去った夕方。 

  •  0
  •  0

332: 東南アジア風狛犬

 神社の前に立つものといったら、この狛犬

  •  0
  •  0

331:

 本堂前に菊の鉢が置かれていた。 この丸

  •  0
  •  0

330: えっ、なんで ?!

 寺家ふるさと村でも、稲刈りが進んでいた

  •  2
  •  0

329: 今日の寺家ふるさと村

 今日、思ったより早く雨が上がった。 お

  •  0
  •  0

328: 彼岸花と地蔵尊

 いつもは正面から撮っている地蔵尊。 こ

  •  0
  •  0

327: はざがけ

 暑いほどの日差しの中で、刈り取った稲を

  •  0
  •  0

326: 曼珠沙華

 いつも拝見させていただいている皆様の所

  •  0
  •  0

325: なんと律儀な…

 秋と言えば、実りの秋でもある。 浄慶寺

  •  0
  •  0

324: 一寝入り

 約2週間ぶりの浄慶寺となってしまった。

  •  0
  •  0

323: 稲と蕎麦

 水田の一角に蕎麦の畑があった。 蕎麦は

  •  0
  •  0

322: 斜光の中で

 ドライブ途中で、立ち寄ったドライブイン

  •  0
  •  0

321: コスモス

 連休を利用して、ちょっと遠くの道で散歩

  •  4
  •  0

320: 曼珠沙華と六角地蔵

 辻に立つ六角地蔵尊。 気がつかなかった

  •  0
  •  0

319: 彼岸花と羅漢さん

 浄慶寺の庭にも、彼岸花は沢山咲く。 こ

  •  0
  •  0

318: 散策路の彼岸花

 浄慶寺、裏山の散策路を歩く。 丁寧に育

  •  0
  •  0

317: キバナコスモス

 夏から秋にかけて咲く、キバナコスモス。

  •  0
  •  0

316: 彼岸花

 天気も良くなった、時間もある、いざカメ

  •  0
  •  0

315: 彼岸桜

 お彼岸に近くなると、彼岸桜が咲き出して

  •  0
  •  0

314: 龍を飼いならす羅漢さん

 庭においでになる羅漢さんシリーズなのだ

  •  0
  •  0

313: 神域

 世田谷八幡には、もうひとつ神様が祭られ

  •  0
  •  0

312: 龍口

 神社には、手と口を清める所がある。 水

  •  2
  •  0

311: 子の願い

 先月も登場した母子観音像だが、植物は成

  •  0
  •  0

310: 花影

 お彼岸までは、まだ少々時間があるが日当

  •  0
  •  0

309: 赤鼻

 麻生川に生息する鯉の中に錦鯉らしきもの

  •  0
  •  0

308: 百日紅

 百日紅とは、よく言ったものだ。 咲き始

  •  0
  •  0

307: わはは羅漢さん

 朝夕に、秋の気配が感じられるようになっ

  •  2
  •  0

306: 秋の気配

 長雨だったり、台風が来たり、地震が来た

  •  0
  •  0

305: メールする羅漢さん

 今日は台風直撃で1日中雨か、と思われた

  •  0
  •  0

304: 散り蓮花

 ちょっと遅かった。 花びらは、前日まで

  •  0
  •  0

303: 空蝉

 蝉の鳴き声が、うるさいシーズンとなった

  •  0
  •  0

302: 母子観音

 休み前ともなると仕事が重なってしまい、

  •  0
  •  0

301: 夏の花に囲まれて

暑中お見舞い申し上げます。天気が悪かった

  •  0
  •  0

300: おにゆり

 紫陽花もまだ残っているが、そろそろ次の

  •  0
  •  0

299: 2009年 紫陽花 10

 今年の浄慶寺の紫陽花は、どうですかと問

  •  0
  •  0

298: のうせんかずら

 少し前から、この花が咲き誇っているのを

  •  0
  •  0

297: 2009年 紫陽花 9

 7月に入り、最近の梅雨らしい(豪雨とも

  •  0
  •  0

296: あじさい娘

 浄慶寺の庭の入り口にいるこの子は一体な

  •  0
  •  0

295: よく撮れたかい?

 普段は、木々の下に埋もれるようにしてい

  •  0
  •  0

294: f1.2の誘惑 4

 50mmレンズで、接近しても50Cmまで。もう

  •  0
  •  0

293: 2009年 紫陽花 8

 6月も後半に入ってしまった。というより

  •  0
  •  0

292: f1.2の誘惑 III

 先週末に小旅行をしたもので、時間が取れ

  •  0
  •  0

291: ささ、一献

 雨が降ったり止んだりの梅雨。 今、真っ

  •  0
  •  0

289: f1.2の誘惑 II

f1.2で撮影 f1.4で撮影 明るいレンズを開

  •  0
  •  0

290: 2009年 紫陽花 7

 6月も半ばに入った。 浄慶寺の紫陽花も

  •  0
  •  0

288: ふたり

 浄慶寺には、違うタイプ石仏がいる。 1

  •  0
  •  0

287: 緑陰にて

 冬以外は、お目にかかれないと思っていた

  •  0
  •  0

286: 浮かび上がる

 西日が、木々の間から差し込んでくる。 

  •  0
  •  0

285: 花は小宇宙

 午前中は雨、お昼を回ってから雨が上がり

  •  0
  •  0

284: 踊る羅漢さん

 白黒写真を撮らなくなってから随分と時間

  •  0
  •  0

283: f1.2の誘惑

 買いものついでに中古コーナーを覗いたの

  •  0
  •  0

282: 2009年 紫陽花 6

 いよいよ紫陽花の花も真っ盛り。赤系も色

  •  0
  •  0

281: 狛犬とあじさい

 浄慶寺に隣接してある、秋葉神社の狛犬。

  •  0
  •  0

280: 2009ニューフェース登場

 浄慶寺に新しい羅漢さんが登場しました。

  •  0
  •  0

279: 石灯籠と

 雨は上がったが、日差しはまだ来ない。 

  •  0
  •  0

278: 額紫陽花 2

 紫系の額紫陽花も色味が出てきている。 

  •  0
  •  0

277: 2009年 紫陽花 5

 さて、6月に入って最初の週末となった。

  •  0
  •  0

276: 立体クロスする水路

 なんで、こんなに複雑なことをしているの

  •  0
  •  0

275: 一筋のひかり

 浄慶寺の裏山の頂上には、古くからある石

  •  0
  •  0

274: 燃える赤とクールな白と

 浄慶寺には裏山がある。 別段、珍しい樹

  •  0
  •  0

273: 額紫陽花

 額紫陽花も咲き始めている。 純白が純白

  •  4
  •  0

272: 2009年 紫陽花 4

 さて、6月に入った。 さあ梅雨の季節だ

  •  0
  •  0

271: モノクロみたい

 ある人の言葉ではないが、 もっと光を!

  •  0
  •  0

270: ああ、もしもし……。

 いつもお世話になっているお店の店長さん

  •  0
  •  0

269: 色づく紫陽花

 こちらは、駐車場脇の咲いている花たち。

  •  0
  •  0

268: 2009年 紫陽花 3

 2週間ぶりに浄慶寺へ行ってきました。 

  •  0
  •  0

267: 雨の日には

 昨日、今日とまるで、梅雨のはしりのよう

  •  0
  •  0

266: 祈りの日々

 秋になるとこの羅漢さんの近くに曼珠沙華

  •  0
  •  0

265: タンボに竹の子?

 タンボの中に竹の子が生えていた。 まぁ

  •  0
  •  0

264: 新緑のもみじ

 いよいよ、ツツジが美しい季節となった。

  •  2
  •  0

263: とある風景

今日は、昨日のメイストームのような天気で

  •  0
  •  0

262: 2009年 紫陽花 2

 大分時間が空いたが、今年の浄慶寺紫陽花

  •  0
  •  0

261: 新緑

 GWも過ぎて、緑が一段と美しい季節とな

  •  0
  •  0

260: 2009_ハルジョン

 その辺に、生えて欲しくない場所にも生え

  •  0
  •  0

259: 2009年 初紫陽花

 日曜日に行ったときは、まだ咲いていなか

  •  0
  •  0

258: おたまじゃくし

 昨夏の思い出が、池の中に沈んでいる。そ

  •  0
  •  0

257: 若草色の頃

 昨日の風と雨で、空気中の汚れが落とされ

  •  4
  •  0

256: お地蔵さま

 ちょっと散歩をする時間がとれないでいる

  •  0
  •  0

255: 小さなやしろ

 畑の一角に小さな社(やしろ)がある。 

  •  0
  •  0

254: 川の中の星

 桜花も、もう終わりになってしまった。 

  •  2
  •  0

253: 並んで・並んで

 たまには、普段通らぬ道を通ってみようと

  •  0
  •  0

252: 山吹

山吹色の花がバックの紫色と絶妙なコントラ

  •  0
  •  0

251: 透かし花

 ああ、なんと、うっとりとする色具合なの

  •  0
  •  0

250: 写り絵

 散った桜の花びらを浮かべる浄慶寺の池。

  •  0
  •  0

249: 散りゆくものは…

 そよ風が吹くだけで、花びらが散ってゆく

  •  0
  •  0

248: ちょっと待って!

 羅漢さんに混じって、こんな天気の良い春

  •  0
  •  0

247: 2009浄慶寺の桜

 櫻シーズン本番になってから、まだ浄慶寺

  •  0
  •  0

246: 修廣寺の桜

 修廣寺の脇にも桜は植わっている。こちら

  •  2
  •  0

245: 修廣寺のお地蔵さん

 秋に訪れたときに桜の木があることを見つ

  •  0
  •  0

244: 霧?

  竹林にたなびく霧雲…。 撮ってしまえ

  •  0
  •  0

243: 汝の名は? その2

 去年見つけた木。 1本の枝に白とピンク

  •  2
  •  0

242: 春の香り

 風は少し寒かった。 でも、あの場所の菜

  •  0
  •  0

241: 浄慶寺の桜2009

 少しばかり浄慶寺へ行かなかったら、既に

  •  0
  •  0

240: ピンクリボンの木

 ここは、やっと梅花が満開になっている山

  •  0
  •  0

239: 塩せんべい

 やたら、食べ物の幟が目に付きました。そ

  •  0
  •  0

238: ウグイス

 雪柳の花が揺れていた。よく見ると、ウグ

  •  0
  •  0

237: ラムネ

 ちょっと遠くまで、お散歩に行ってきまし

  •  0
  •  0

236: 雪柳_2009

 ふと、目にすると雪柳の花が咲き始めてい

  •  0
  •  0

235: 茶臼山 日光台

 柿生に“茶臼山(ちゃうすやま)”がある !

  •  2
  •  0

234: 体内仏?

 浄慶寺の一角にある(と言ってもいいだろ

  •  2
  •  0

233: 芽吹き

 やっと「ひな祭り」が終わったばかりとい

  •  0
  •  0

232: ぽつりと水仙が

 季節が一回りして、この場所にも水仙が咲

  •  0
  •  0

231: 後ろ姿

 寒さがぶり返したためだろうか。水仙がま

  •  2
  •  0

230: 紅白しだれ梅

 浄慶寺の駐車場脇にあるしだれ梅。そろそ

  •  2
  •  0

229: 春のきざし

 この冬、最後になるのでは…と言われてい

  •  0
  •  0

228: 境内のしだれ梅

 浄慶寺には、寺の入り口にもしだれ梅があ

  •  0
  •  0

227: たけの子姫

 浄慶寺の境内はそれほど広くはないが、所

  •  2
  •  0

226: 出迎えてくれる花

 浄慶寺は丘の中腹にある。中腹といっても

  •  0
  •  0

225: 三色が揃った

 暖かい日差しに誘われるようにして、ここ

  •  0
  •  0

224: 足裏のお地蔵さん

 仏陀のあしの裏には、仏の印があるが、こ

  •  0
  •  0

223: 雨上がりの後

 お昼近くまで降っていた雨が上がった。そ

  •  0
  •  0

222: 竹皮細工のフクロウ

 子ども達にとってはダルマを買うよりも、

  •  0
  •  0

221: だるま市

 今日1月28日は、初不動の日。初不動と言

  •  0
  •  0

220: 蝋梅?

 ずっーと、色の薄い蝋梅だと思っていまし

  •  2
  •  0

219: はなびら

 紅梅の“はなびら”が散策路に散っていた。

  •  2
  •  0

218: 白梅咲く

 昨日の春みたいな陽気から一転して、今日

  •  0
  •  0

217: 小さなお地蔵さん

 この時期、寒さを避けるようにして地表近

  •  0
  •  0

214: 透かしてみると・・・

 北風が、収まり暖かくなった午後。 そろ

  •  2
  •  0

213: シンクロ鴨

 橋の上から、鴨たちを見ていた。 1羽、

  •  0
  •  0

212:

 最近は、いろいろなものがオシャレになっ

  •  0
  •  0

211: 菜の花咲く

 澄んだ青空の下で、目的地も決めないでブ

  •  0
  •  0

210: 一筋の光の中で

 町田市三輪町と横浜市青葉区寺家町の間に

  •  0
  •  0

209: 地蔵堂提灯

気ままな散歩で、訪れた地蔵堂には提灯がぶ

  •  0
  •  0

208: 光る

 社寺仏閣に初詣に行くわけでもなく、初売

  •  0
  •  0

207: 紅梅のシーズン・イン?

例年だったら1月の半ば過ぎから咲き始める

  •  0
  •  0

206: 水仙

仕事に追われて、とうとう31日になってしま

  •  0
  •  0

205: 蝋梅

 毎年1月半ばに咲いている蝋梅(ロウバイ

  •  2
  •  0

203: 夕陽を浴びて

超望遠の世界で撮れるもの……それが思いつく

  •  0
  •  0

201: 最後の1枚ならぬ3枚…?

 暦を見れば、あと1週間でクリスマスだと

  •  0
  •  0

197: お~い! ちょっと。

おい! ちょっと、ちょっと。 うん? な

  •  0
  •  0

194: もう帰ろう

 すっかり陽も落ちた。 西日に浮かんだ丹

  •  0
  •  0

191: 黄葉

 紅葉ばかりかと思っていたら、黄葉もあっ

  •  0
  •  0

190: 柿生から見る富士山

 柿生から見る富士山は、手前の丹沢山系に

  •  0
  •  0

189: 昇る月

 またこのシーズンになった。 裸になって

  •  0
  •  0

188: 燃ゆる葉

 全国的に寒かった今日一日。 夕方に歩く

  •  0
  •  0

187: ワープ?

 なんで、こんな写真が撮れたのだろうか?

  •  2
  •  0

186: 秋に吹く

 浄慶寺にいくといつもの羅漢さん達が、迎

  •  0
  •  0

185: 肩に銀杏の葉が

 境内にある銀杏の葉がパラリパラリと散っ

  •  0
  •  0

184: 黄葉・紅葉

 陽さえ当たれば、それはもう輝きはじめる

  •  0
  •  0

183: 隙間からの秋

 上下に区切られた真ん中に秋があった。 

  •  2
  •  0

182: 写り絵

 空がきれいな青空だと写り絵も楽しい。 

  •  0
  •  0

181: 秋、燃ゆる木

 時間がとれなくて散歩が出来ずに更新が滞

  •  0
  •  0

180: 多摩センターイルミネーション2008

 今年も始まっていますイルミネーションシ

  •  0
  •  0

179: ひかりの向こうへ

 ここはその昔、こんもりとした林へ入って

  •  2
  •  0

178: 小さな秋みつけた!

 晩秋になろうとしているが、もみじの紅葉

  •  0
  •  0

177: お顔

 光を受けて、お顔の陰影にメリハリがつい

  •  0
  •  0

176: 西陽を浴びて

 たびたび登場している六角地蔵尊。 道祖

  •  0
  •  0

174: 道祖神

 めっきり陽の落ちるのが早くなった。 15

  •  0
  •  0

173: 尾根道

 ちょっとした上り坂を上がると、そこには

  •  0
  •  0

171: どこぞの山道か

 ちょっと手入れの行き届かない山の木々達

  •  0
  •  0

170: マルハナ蜂

 越冬準備なのだろうマルハナバチが、忙し

  •  0
  •  0

169: 秋色風景

 過日、出かけた長野県諏訪地方で見かけた

  •  0
  •  0

168: 松の木の根元に

 この丘陵地帯の松の木は、マツクイムシが

  •  0
  •  0

167: 夏蒐山 修廣寺

 片平(かたひら)にある修廣寺(しゅうこ

  •  2
  •  0

166: 柿の実る寺

 なぜか葉は落ちてしまい、実だけが木にな

  •  0
  •  0

164: 禅寺丸柿_II

 落葉が進み、木々はすっかり秋らしくなっ

  •  0
  •  0

163: 夕焼け

 海野宿の近くで、撮影を終わって車に戻り

  •  0
  •  0

162: うだつ

 世の中には、「うだつ」の上がらない○○○

  •  0
  •  0

161: 禅寺丸柿

 この付近の名物「禅寺丸(ぜんじまる)柿

  •  0
  •  0

160: 三つ輪

 廣慶寺の山号は三輪山。 その昔、大和の

  •  0
  •  0

159: 門番猫

 お寺の門柱に猫がいた。 このお寺さん、

  •  4
  •  0

158: 秋祭りの日

 午前中に遠くから祭の音が聞こえていた。

  •  0
  •  0

157: スポットライトを浴びて

 丘陵地帯の谷戸に開発の手が入らない一角

  •  0
  •  0

156: オンブバッタ

 ハゲイトウの上に何か緑色のものがのって

  •  0
  •  0

155: お口にお賽銭が…

 やっと石のてかりが、とれて落ち着いてき

  •  0
  •  0

154: 腕相撲

 さわやかになった秋の一日。そろそろ腕相

  •  0
  •  0

152: 木漏れ陽の中で

 落ち葉も少し出始めて、葉の間が出来てき

  •  0
  •  0

151: わらべ達

 浄慶寺には、いろいろな石仏がある。 た

  •  0
  •  0

150: 彼岸花の咲く庭

 浄慶寺の庭にも彼岸花は咲いていた。 彼

  •  0
  •  0

149: 彼岸花の咲く道

 浄慶寺の裏山の散策コースにも彼岸花があ

  •  0
  •  0

147: 六角地蔵と彼岸花

 浄慶寺の裏山の六角地蔵である。 ここも

  •  2
  •  0

145: 彼岸の頃

 そう言えば、もうお彼岸だ。 お彼岸の頃

  •  0
  •  0

144: 寄り添って

 キバナコスモスも、以前は希に見る貴重な

  •  0
  •  0

142:

 トボトボと歩いていたら、花と出会った。

  •  0
  •  0

140: 先祖返り?

 駐車場脇になんとなく自生しているキバナ

  •  2
  •  0

138: ザクロの実

 ザクロの実は人肉の味がする。 どこかの

  •  0
  •  0

136: 黒米?

 とある田ンボで、2列だけ他の種類と違う

  •  0
  •  0

135: ス、ストーンサークル?

 寺家ふるさと村の入り口近くの田圃がきれ

  •  0
  •  0

134: ついばむ

 寺家ふるさと村のタンボにたわわに実った

  •  4
  •  0

132: 妙福寺の彼岸花

 秋のお彼岸の頃になると咲き出す彼岸花。

  •  0
  •  0

131: 水田のグラデーション

 夏の暑さがとれてきて日中も、比較的さわ

  •  0
  •  0

130: ススキ

 住宅地の真ん中にある生産緑地。その片隅

  •  0
  •  0

129: ご帰還

 昨日、ふと通りかかると修復中の表示か無

  •  0
  •  0

128: キバナコスモス

 今年は、キバナコスモスが早くから咲いて

  •  2
  •  0

126: 新しい“やしろ”

 以前(2008年6月17日)にも登場した場所

  •  0
  •  0

125: 蓮の実

 久々の晴れた日曜日。さぼりにさぼった散

  •  0
  •  0

124: なんだっけ?

 曼珠沙華のように地表からすっーと花の茎

  •  2
  •  0

123: お茶の実

 お茶の水ではなくて、お茶の実である。 

  •  0
  •  0

122: 「楽園へのあゆみ」もどき

 アメリカの有名な写真家のひとりに故ユー

  •  0
  •  0

121: みどりの絨毯

 谷戸の田は小さい。まぁ、小さいと言って

  •  0
  •  0

120: 無人野菜販売所

 久々に今日の夕方、三輪の里山を歩いた。

  •  0
  •  0

118: お地蔵さん

 浄慶寺の庭隅に置かれているお地蔵さん。

  •  2
  •  0

117: 小さなお客さん

 浄慶寺の庭先に、まだ桔梗が咲いていた。

  •  0
  •  0

115: 花びら

 役目を終えた蓮の花びらが、水面に落ちて

  •  0
  •  0

114: ひまわり

 「ひまわり」(1970)というソフイア・ロー

  •  4
  •  0

113: ツユクサ

 ツユクサ。これも雑草と一緒にあちらこち

  •  0
  •  0

112: 蓮花が咲いている

 気がつけば、あっという間に1週間が流れ

  •  2
  •  0

111: 桔梗

 そう言えば、こんな花も撮っていたんだっ

  •  0
  •  0

110: 蓮花

 少し間が空いてしまったが、浄慶寺の蓮池

  •  0
  •  0

109: いつ咲くか?

 浄慶寺の駐車場脇に小さな池がある。 こ

  •  0
  •  0

108: 光化学公害注意報発令中

 1960~70年代にかけて、天気が良く、風が

  •  0
  •  0

107: ニューフェイス登場!

 一ヶ月ぶりに訪問したら、羅漢さんが増え

  •  0
  •  0

106: 浄慶寺の紫陽花7/12

 浄慶寺に紫陽花を見に来る人も、ほとんど

  •  2
  •  0

105: こいつには“つの”がある

 よく見るとひとつだけ、角があった。 多

  •  0
  •  0

104: 艶やかに

 まるで砂糖菓子で作ったような花(だろう

  •  2
  •  0

103: タチアオイ

 初夏のシーズンになると、この花が咲き出

  •  0
  •  0

102: 緑陰

 浄慶寺の裏山の六地蔵である。 この時期

  •  0
  •  0

101: お留守

 ふと気づくと、そこにあるべき物がなかっ

  •  0
  •  0

100: 紅&白

 浄慶寺の裏山の紫陽花。 純白の白が目に

  •  0
  •  0

99: 浄慶寺6/15

 時間を見繕って浄慶寺に紫陽花を見に行っ

  •  0
  •  0

98: 紫陽花6/7

 いつもの紫陽花が咲く、浄慶寺から。今日

  •  0
  •  0

97: 花は小宇宙

 小さな花が集まって咲くとそれは、小宇宙

  •  2
  •  0

96: 浄慶寺の紫陽花_6/4

 梅雨入りして、ついでに台風も来るという

  •  0
  •  0

95: どくだみの花

 なんとも名前が毒々しいが、漢方の薬にも

  •  0
  •  0

94: 輝くとき

 花の写真のポイントは、まず形の良い花を

  •  0
  •  0

93: しずく

 これだけ豪勢に水滴を晴れた日につけよう

  •  0
  •  0

92: お稲荷さま

 天気が良かったので、少し地元を離れてみ

  •  2
  •  0

91: ゼニアオイ

 咲いている場所の肥料がないのか、背丈が

  •  0
  •  0

90: 浄慶寺の紫陽花_5/29

 いつも登場する浄慶寺は“柿生の紫陽花寺”

  •  0
  •  0

89: うざったいなぁ!

 雨の水分を含んで、重くなった木々の葉が

  •  1
  •  0

88: 山椒の葉

 山椒の葉もいよいよ緑が濃くなってきた。

  •  0
  •  0