しずく

水滴

 まだ葉を出さぬ枝先で雨が、しずくになっていた。

 このズームレンズは、開放から2絞りまでは、絞り形状がほぼ円になるという売り文句を今更ながら見つけた。

 確かに中央部は円状になっているが、レンズ周辺部に行くとラグビーボール状になってくる。

 さすがにそこまでは面倒見切れないのかもしれない。

 雨の日のちょっとしたレンズテストとなった。

2017.3.26 浄慶寺

 Nikon Df  tamron28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD

テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

2017_桜咲く

2017_桜花2

 冷たい雨が降る日曜日。

 日中でも吐く息が白くなるほどで、真冬並みの寒さ。

 前日夕方に、浄慶寺入り口の桜が満開だと教えてくれた人がいました。

 桜と言えば、青空の中にピンク色の花が広がるのが定番だが、今日は雨。

 雨の日もまた違う趣があるかと思って出かけてきました。

 多少花びらが散っていますが、まだ咲き始めなのでしょう。頑張って枝についています。

2017_桜花1

 雨に桜は、咲き始めよりも散り始めた頃の方が地面を埋め尽くす花びらで、そちらの方がより趣があるように感じます。

 2017.3.26 浄慶寺 

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

千重咲きのつばき

つばき

 自宅の庭に咲く千重咲きのつばき。

 椿というと赤色の花びらに中央に黄色く花弁があるのを思い浮かべるが、こちらのは桃色。

 ふんわりと咲く花が、ケーキの上にクリームでできた花を思わせる。

 まぁ、もっともケーキの方はバラの花を模したものであるが。

 暖かい日にコーヒーを片手にボッーと花を見ていると春が来たんだなぁと実感する。

 2017.3.20

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

ふるさと村の菜の花

2017_ふるさと村の菜の花

 三輪の谷戸の切り通しを抜けると、横浜寺家(じけ)のふるさと村に出る。

 田んぼなどの里山と融合すべく道を整備し、市民の憩いの場となり共存するような環境を造った。

 その一角にある水車小屋。

 残念ながら、実際に粉をひいているわけでもなさそうだ。

 昔は、こういうようなものもあったという教育的な意味合いか。

 毎年ここに菜の花が咲くが、土に連作障害が出ているのか、まばらな感じがあった。

 2017.3.18 横浜市青葉区寺家 ふるさと村

テーマ : 季節の花たち
ジャンル : 写真

妙福寺前のお地蔵さん

2017_妙福時前りの地蔵さん

 顔は摩滅してしまい、手は欠けてしまい、暫くすると石に帰るような案配になりつつあるお地蔵さん。

 今から40年以上前は、腰紐でぐるぐる巻きにされていました。

 安産祈願で、安産ができると使った腰紐をお礼に地蔵さんかけていたのです。

 それでグルグルの巻きになっていたのでした。

 古い白黒ネガを探すとその記録が残っているハズ。

 その後、段々と腰紐は少なくなり、とうとう今は誰も掛けていません。

 半世紀未満でも、信仰に流行・廃れがあるんだなぁ…。

 2017.3.18 三輪町妙福寺前

テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

プロフィール

Author:yajitaka
川崎市麻生区周辺にある社寺仏閣、なかでも柿生にある浄慶寺をメインに撮影しております。
巡る四季の中で、花や石仏の美しい姿を感じたままに残せればいいなと思っています。

※当然ですが、リンクフリーです。
リンクしたいという方が、おられましたらよろしければコメントを残して下さい。原則としてこちらからも小躍りしながら喜んで、リンクさせていただきます。

最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる